韓国政府のコロナ下支援は先進諸国で最低レベル…大学教授らが批判

新型コロナウイルス感染症の長期化により、低所得層が厳しい生活を送るなか、韓国政府が「国家負債恐怖症」という観念に縛られ、正しく対応ができていないという専門家の意見が出ている。

ユン・ホンシク仁荷大社会福祉学科教授は9日、ソウル鍾路区参与連帯で開かれた「コロナ19対応1年、政府の政策の診断と評価座談会」(https://youtu.be/U1iIv8gnrjI)において、「高強度防疫による犠牲が階層に応じて異った影響を及ぼし、所得・資産・雇用の不平等が深まった」と明らかにした。

続けて、「所得保障制度の死角地帯が大きくなったが、韓国政府の直接支出(支援)は、国内総生産(GDP)の3%水準に過ぎず、それさえも融資中心のサポートであるのが実情だ」と指摘した。G20諸国は社会支出などにGDPの8%を、OECD諸国は6%を割り当てていると、ユン教授は説明した。

ユン教授は「OECD最低となる韓国の国家負債レベルは、最終的に家計負債を高め、政府が担うべき負担を家計に転嫁することになる」とし、「《恐怖症(フォビア)》のような均衡財政論理のために所得の死角地帯への対応が非常に制限されている」と批判した。

ユン教授は、「普遍的社会手当の導入、公的社会サービスの拡大、全国民の雇用保険の実施のための段階的症状の戦略など、積極的な政府の役割が必要な時だ」と付け加えた。

キム・ジンソク参加連帯社会福祉委員長(ソウル女子大教授)も「パンデミックは私たちの社会が抱えている構造的な問題点を克明にしており、不平等を緩和する制度革新の機会でもある」とし、「財政の健全性を維持・強化という既存の枠組みから抜け出し、民生と経済の再生のための積極的な財政政策が必要だ」と強調した。

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG