韓国国税庁、仮想通貨利用した脱税者2416人を摘発…告発者には最大2千万円近い報酬も

  • 2021年3月16日
  • 2021年5月25日
  • 金融

韓国国税庁が、ビットコインなどの仮想資産を利用して財産を隠した高額滞納者2416人を摘発し、366億ウォン(約35億円)相当の現金・債券を徴収した。仮想資産滞納者を強制徴収したのは今回が初めてだ。

チョン・チョルウ国税庁徴税法務局長は15日、政府庁舎でブリーフィングを開き、「高額滞納者の仮想資産保有状況を関連取引所から収集・分析し、強制徴収した」とし、「このうち222人は、不動産の譲渡代金など他の財産も隠匿する追加徴収回避の疑いが確認され、追跡調査している」と述べた。

国税庁は、仮想資産取引所にデータを要請し、その滞納者が事業所得の収入金額、不動産譲渡代金、相続・贈与財産を仮想資産に隠匿した後、税金を出さなかったことを確認した。2018年に最高裁が「仮想資産は没収対象財産的価値がある無形の財産に該当する」と判断していることから、徴収に乗り出した。

国税庁は、滞納者が仮想資産を収集した時点を基準に徴収額を算定した。今後、仮想資産取引所に回収時点を指定した後、滞納額だけの資産を現金化して徴収する予定だ。これら保有仮想資産は、ビットコインのほか、イーサネットリウム・リップルなど、様々な種類に上ると伝えられた。

チョン局長は「回収のタイミングによっては取引金額が変わることがある」とし「最も重要なことは、強制徴収の効率性である。仮想資産の価格動向を考慮して最適な時点で換価する予定だ」とした。

今回の徴収対象にはソウル江南で病院を運営する医師、農産物電子商取引企業のオペレーターなどが含まれた。高額の不動産譲渡代金を秘匿した滞納者、金融資産相続税を仮想資産として隠匿した滞納者、現金贈与財産を少なく申告した後に仮想資産として秘匿した滞納者などもいた。

国税庁は、「今後も、仮想資産の利用など、新型隠匿手法にいち早く対応して、高額滞納者を最後まで追跡し、返還する」とし「滞納者の隠匿財産を見つけるためには、国民の皆様の参加が重要である。積極的に申告してほしい」と呼びかけた。

国税庁は申告者に徴収額に基づいて5〜20%(20億ウォン=約1930万円限度)の報奨金を支給する。
 
(参考記事:「韓国で、クレジットカード使用額が17年ぶりに減少」)
(参考記事:「韓国土地公社(LH)幹部が自殺か…投機疑惑に揺れる韓国」)
(参考記事:「韓国の国債金利上昇で懸念、中央銀行が2兆ウォン規模の買いオペ実施」)