「LH疑惑」でさらに死者が発生…政府機関職員たちによる不正に揺れる韓国

韓国を揺るがす「LH投機疑惑」で再び死者が出た。坡州市のコンテナから50代のLH(韓国土地住宅公社)の幹部級職員が死亡したまま発見された。

13日、京畿道北部部警察庁などによると、同日午前10時5分ごろ、坡州市にあるコンテナのなかでLH坡州事業本部幹部のAさん(58)が死亡しているのを近所の住民が発見し、警察に通報した。現場で遺書は発見されなかった。 Aさんは、この日の夜明けに家族と通話した後、極端な選択を暗示する文字メッセージを送ったことが確認された。不動産関連の内容はなかったという。

遺体が発見されたコンテナは、Aさんが、過去2019年2月の土地を購入した後に設置したものであると把握された。 Aさんは、この一帯を週末農場に利用しようとしていたと伝えられた。 11日に韓国政府が発表したLH投機疑惑の調査対象者20人には含まれていていなかったという。

先立って、12日には城南市のアパートでLH全北本部長を務めたBさん(56)が自ら命を絶っている。 Bさんの家では、メモ帳に書いた遺書の形の文章が発見された。 「地域責任者としての責任を痛感する。国民に申し訳ない」という内容が記されていたという。 BさんもLH不動産投機疑惑の捜査対象者ではなかったと、警察の調査の結果明らかになった。
 
(参考記事:「韓国を揺るがす「LH投機疑惑」は氷山の一角か? 捜査本部は他の事件も内偵中」)
(参考記事:「韓国土地公社(LH)幹部が自殺か…投機疑惑に揺れる韓国」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG