「VT化粧品が期待低かった日本市場で躍進、中国よりも高い」韓国証券社

韓国のリーディング投資証券は7日、VTの化粧品ブランドで有名なVTGMP社について、「化粧品の売上高が日本を通じて好調を見せている点を肯定的に評価する」と明らかにした。

オ・スンテク=リーディング投資証券研究員は、VTGMP社の今年連結業績は、売上高1,494億ウォン(YoY + 39.2%)、営業利益422億ウォン(YoY +672.4、OPM 28.2%)を予想した。第2四半期(4~6月)に発生するGMPグローバルの不動産事業部門(長安洞のアパート分譲)の1回の突発的実績を除外すると、今年の実績予想は、売上高985億ウォン(YoY -8.4%)、営業利益217億ウォン(YoY + 297.4%、OPM 22.0%)であると述べた。

VTGMP者は、2020年の連結ベースの売上高1,074億ウォン(YoY -4.8%)、営業利益55億ウォン(YoY -46.8%、OPM 5.1%)を達成した。コスメ部門だけで120億ウォンの営業黒字を達成したが、残りの事業部門はすべて赤字だった。オ研究員は「最大の原因は、COVID-19事態による子会社の不振で、特に期待が大きかった中国のメディアコマース分野の不振」であると説明した。

2020年は全社的な業績不振にもかかわらず、コスメ部門だけは好調で、コロナ事態にもかかわらず、2019年比で善戦した。すでにブランドとして定着したラインと2020年の新規ラインナップのローンチが主な原因であると説明された。

オ研究員は、「元の期待感が低かった日本市場での躍進が目立ち、日本のケースでは、中国よりも販売価格と消費者のロイヤルティが高い市場」であるとし、「今後、日本市場でのブランド定着に伴う利益貢献の上昇を期待して見ることができる」と分析した。

続けて、「化粧品事業部門だけで、現在の時価総額は説明可能であると判断し、後に予想される成長に伴うアップサイド(Upside)を期待する。他の比較的最近投資したリチウム硫黄電池事業と水素電池事業での成果も、追加のアップサイド(Upside)要因」と付け加えた。
 
(参考記事:「韓国初の整形口コミアプリ「カンナムオンニ 」が日本でも人気…業界1位に迫る」)
(参考記事:「インドネシア当局、韓国からの不法輸入化粧品を大量押収…危険物質含むものも」)
(参考記事:「クーパンが日本進出か…ソフトバンク孫会長が検討発言」)
 
(写真:VT社ウェブサイト)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG