韓国、13カ月ぶりに雇用が増加…公共雇用が奏功、30・40代では減少

3月になり、韓国の雇用状況が1年ぶりに増加に転じた。

韓国統計庁が14日に発表した「3月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2千692万3千人で、1年前より31万4千人に増えたことが分かった。

就業者数は、新型コロナウイルスで雇用状況が悪化した昨年3月(-19万5千人)から今年2月に(-47万3千人)まで、12カ月連続で減少していた。通貨危機当時(1998年1月~1999年4月)に16ヶ月連続で減少して以来、最長だった。

ジョン・ドンミョン統計庁社会統計局長は、「2月15日以降に調整されたソーシャルディスタンス緩和の影響と昨年3月の雇用衝撃の反動などが反映された」と説明した。

季節調整基準で3月の就業者は前月より12万8千人増加し、2月(53万2千人)に続き、二週間連続で増加した。

韓国企画財政部は、サービス業で季節調整就業者が前月より24万7千人増加したことを挙げ、「前月比就業者の改善には、民間の雇用増加が寄与した」と分析した。

年齢別にみると、60歳以上(40万8千人)、20代(13万人)、50代(1万3千人)は、就業者が増えた。しかし、30代(-17万人)と40代(-8万5千人)は減少した。

青年層(15〜29歳)の就業者は14万8千人増え、昨年2月から13ヶ月連続続いていた減少傾向を止めた。

産業別にみると、保険業・社会福祉サービス業(17万1千人)、行政・国防および社会保障行政(9万4千人)で就業者が大幅に増えた。政府の公共雇用事業の影響がある業種である。
 
(参考記事:「韓国の失業者数が47万人増加…前月より改善も、IMF危機時の記録に近づく」)
(参考記事:「2月の工業生産は2.1%上昇、コロナ前レベルに回復…消費は0.8%減」)
(参考記事:「韓国の消費が上向き 百貨店販売33.5↑は統計史上最高の伸びも、回復にバラツキ」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG