韓国、基準金利0.5%を維持…11カ月連続

韓国銀行(中央銀行)は15日、金融通貨委員会を開き、0.5%の基準金利を維持することを決定した。

韓国銀行は昨年3月、新型コロナウイルスに対応し、基準金利を年1.25%から年0.75%へと0.5%ポイント下げたのに続いて、昨年5月には史上最低の年0.5%に追加で引き下げた。以後11ヶ月連続で基準金利を凍結している。

韓国メディアなどによると、輸出・投資が急速に回復し、実体経済が回復の兆しを見せているが、まだ景気を脅かす要素が少なくないという判断が作用したとみられている。

韓国銀行のイ・ジュヨル総裁は先月24日、「主要懸案に対する韓銀総裁質疑」において、「現在としては通貨政策の基調を急いで調整する状況ではない」とし、「韓国経済がコロナ19の衝撃から抜け出し、通常の軌道に復帰したと見るのは難しい」と述べていた。

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG