韓国外相、日本政府の国際法違反主張を批判 「日本にそれを言う資格があるのか?」

韓国のチョン・ウィヨン外交部長官が21日、日本が韓国政府に2015年の日韓慰安婦の合意を守らないとし「国際法違反」を主張することについて、「理屈に合わない」と反論した。

チョン長官はこの日の午前に韓国プレスセンターで開かれた討論会に出席し、日韓関係に関する質問にこのように答えた。

チョン長官は「私たちは慰安婦問題と関連し、日本側に現実的な(解決)案を提示した」としつつ、「残念ながら、日本は《韓国が政府間の合意を守らない。国際法に違反している》と主張し罵倒している」と述べた。

続いてチョン長官は「(慰安婦)問題の根本的な原因がどこにあるのか。日本がそのように言う資格があるのか」とし、「(慰安婦問題は)戦時女性の人権問題だ」と批判した。

チョン長官は、「国家安全保障室長として非公開で複数回、日本に行き、上級管理者と協議した。そのたびに、現実的な案を日本に提案した」とし、「この問題を解決するために、日本側に複数の順番解決策を提示したが、毎回《日本は受け入れることができない》とし、《より良い代替手段を示してほしい》と述べた」と説明した。

チョン長官は、「日本の態度に驚いた」とし、「一方的に自己主張だけ行うと交渉は決裂するものだ」と批判した。
 
(参考記事:「韓国が日本から水産物輸入を全面禁止を検討か…ムン大統領は日本大使に直接懸念伝える」)
(参考記事:「韓国人が日本の不動産取得目的で送金した金額は計167億円と判明」)
(参考記事:「韓国企業と日米中企業との格差拡大…世界500大企業調査でシンクタンク」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG