米商務省、韓国産タイヤに反ダンピング関税判定

米国商務省が韓国産タイヤに反ダンピング関税を課す。

韓国貿易協会ワシントン支部は、「最近、米国商務省が韓国産乗用車と軽トラックのタイヤ(PVLT)について反ダンピング最終判定結果を発表した」と伝えた。

米商務省は外国産タイヤが市場価格よりも低い価格で輸入されているとし、ハンコックタイヤ27.05%、ネクセンタイヤ14.72%、その他21.74%の反ダンピング最終判定を下した。

米国商務省は、「ハンコックタイヤが情報提供に最善を尽くさないため、関連法に基づいて《利用可能事実》(fact available)と《不利な推定》(Adverse Inference)の原則を適用し、最終決定した」とし、「特にハンコックタイヤは商務省が正常値を計算するために要請した国内市場での販売のための特定の情報を提出していなかった」と明らかにした。

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG