瀬戸内海で日韓の貨物船が衝突 日本側船員3人が行方不明

日本の瀬戸内海で韓国と日本の貨物船が衝突し、日本船が沈没した。韓国船員は全員無事だったが、日本の船員3人が行方不明となっている。

28日、日本公営放送NHKによると、前日の午後11時55分ごろ、愛媛県今治市沖の来島海峡付近で神戸市の「プリンス海運」が運航する貨物船「白虎」(1万1000トン)が韓国興亜海運所属の「蔚山パイオニア」(ULSAN PIONEER・2700トン)と衝突した。

白虎は、衝突で転覆し、約2時間40分後に沈没した。

白虎の乗組員12人のうち3人が疾走し、残り9人は市内の病院に運ばれたが、生命には支障がなかった。蔚山パイオニアは韓国国籍とミャンマー国籍の船員13人が乗っていたが、負傷者などはいなかったと伝えられる。

日本の海上保安部は巡視船と現地漁船などを動員し行方不明になった日本人3人を捜索している。

 
(写真:Pixabay)
 
(参考記事:「韓国造船海洋、アンゴラ国営企業と175億円・15万8千t級造船建造契約」)
(参考記事:「韓国政府「日本産水産物の原産地表示違反が最も多い」 違反業者などが摘発」)
(参考記事:「日韓両国の国民、いずれも関係改善を希望…同時アンケート調査で判明」)
(参考記事:「日韓の海苔業者が商談会開催 829万束・57億円分の輸出契約が締結」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG