サムスンバイオ、mRNAワクチン原液生産設備を整備…モデルナとの提携受け

米国製薬会社モデルナと新型コロナウイルス感染症ワクチンの委託生産(CMO)契約を結んだ韓国サムスンバイオロジックスが、mRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチンの原料から包装までに全サイクルの生産が可能な設備をそろえることが分かった。

サムスンバイオロジックスは、mRNAワクチン原薬の生産設備を仁川松島にある既存設備に増設し、2022年上半期内に優れた医薬品の製造および品質管理基準(cGMP)の準備を完了すると31日に明らかにした。

mRNAワクチンは、ウイルスが直接体内に注入されないため、従来のワクチンよりも比較的安全であり、ワクチンを作成するときに、ウイルス抗原の培養時間がかからないため作成が容易であり、時間が節約されるという利点がある。

サムスンバイオロジックスは設備増設が完了すると、mRNAワクチンと関連した大規模な医薬品原料の生産から無菌充填、ラベリング、パッケージングだけでなく、冷蔵保管までの全過程を生産することができると期待している。

サムスンバイオロジックスは、今月23日に、モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンによる完成医薬品を委託生産する契約を結んだ。モデルナワクチンは、mRNAのプラットフォームを活用して開発された製品である。同社は、モデルナのコロナ19ワクチン原薬を人体に投与することができる最終的な形への完済工程を担う。原液を受けてきた後、バイアル(ガラス瓶)無菌充填、ラベリング、包装などを担うものであり、モデルナワクチンの原料薬を自主的に生産するわけではない。

サムスンバイオロジックスはグローバル展開とポートフォリオの多様化のため、米国サンフランシスコバイオクラスターの中心部に、米国の研究開発(R&D)センターを開所し、これにより、該当地域に位置するバイオテックや製薬会社とより近い距離で受託開発サービスを提供できるようになった。

ジョン・リム=サムスンバイオロジックス代表は、「現在の事業ポートフォリオを拡大、多様化し、市場へのより良いサービスを提供することができる様々な方法を継続的に評価している」と述べた。続けて、「お客様が今のような困難な時期に支援が必要なすべての人に良質の治療とワクチンを提供することができるように最善を尽くしており、このような拡張された生産能力を、パートナーが新しいmRNAワクチンと治療薬をより速く市場に投入することができるよう支援することを希望する」と付け加えた。

サムスンバイオロジックスは年間36万4000リットル(ℓ)のバイオ医薬品生産能力を備えている。現在建設中の第4工場が完成すれば、合計62万ℓの生産能力を保有することになる。これは世界最大規模の生産能力である。
 
(参考記事:「韓米首脳が対コロナ協力で合意 モデルナ製ワクチンが韓国で大量生産へ」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG