韓国製薬大手が英バイオ企業の筆頭株主に…昨年は武田薬品の一部資産を買収

韓国製薬大手の「セルトリオン」(CELLTRION)は7日、英国の抗体薬物接合体(ADC)開発会社である「イクスダテラピューティクス(Iksuda Therapeutics、以下イクスダ)」に投資し、ADC新薬パイプラインの確保に乗り出すと発表した。

セルトリオンは今回、同じく韓国のミレアセットグループと共同で、合計4,700万ドル(約462億円)を投資し、イクスダの最大株主となる内容の契約を締結した。投資の半分はすでに執行完了しており、残りの投資額は、特定のマイルストーンを満たした条件で投じられる予定だ。

セルトリオンは、ミレアセットグループと共に1,500億ウォン(約147億円)規模の「ミレアセットセルトリオン新成長投資組合1号」を造成し、セルトリオンの新事業分野への投資を行っている。今回の投資には、セルトリオンのほか、ミレアセットキャピタル、ミレアセットベンチャー投資、ミレアセット証券、プレミアパートナーズが機関投資家として参加した。

セルトリオンは、バイオシミラーとケミカル医薬品のほか、製品の収益と価値創出が可能なビジネスモデルを探していた。こうした中、抗体ベースの独自の高付加価値の創出が可能で、セルトリオンの既存抗体治療剤とも相乗効果を出すことができる抗体薬物接合体(ADC)に特化したイクスダを最適なメーカーと判断し株式投資を決定したという。

ADC技術は、強力な細胞毒性効果を利用しながら、全身の毒性は減らすことができる。また、抗体の癌抗原認識能力を活用して、がん組織に選択的に薬物を伝達し、抗癌効果を示す利点があり、最小の投与量でも最大の効果を示すことができる。

また、ADCは希少医薬品登録または革新新薬指定、ファーストトラックとしてほぼ指定されており、比較的迅速な開発が可能である。市場規模は現在の50億ドル水準から2025年には180億ドルにまで成長すると予想される。

セルトリオンによると、同社はすでに血液のがん治療薬「Truxima」と乳がん・胃がん治療剤「Herzuma」などの抗がん剤を確保しており、今回の投資を通じてADC技術が加われば、より多様な抗がん剤の開発が可能になると期待しているようだ。また、今後、独自のADCプラットフォーム技術の開発を通じて新薬物質の開発も推進する計画だ。

セルトリオンの関係者は、「セルトリオンは今後も治療領域の拡大と成長分野を得るために、様々な投資を続けていく」とし、「今回のイクスダ株式投資をもとに会社が保有している抗体医薬品との相乗効果を出すと同時に、次世代の抗がん新薬開発パイプラインを最大限にする予定だ」と語った。

一方、セルトリオンは、昨年、2億7830万ドルで日本の武田製薬のアジア太平洋地域プライマリーケア製品事業を買収している。
 
(参考記事:「韓国製薬大手が開発した新薬が米で訴訟受ける…株価急落」)
(参考記事:「韓国サムスンバイオ、イスラエルKAHR社の抗がん剤を受託生産」)
(参考記事:「サムスンバイオ、mRNAワクチン原液生産設備を整備…モデルナとの提携受け」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG