韓国KOTRA、日本で「韓国商品展」を開催…第4次韓流ブームを商機に

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は7日から2週間、オンライン開催などを利用した「韓国商品展」を日本で行うことを明らかにした。

今回の展示会は、最近、日本で「イテウォンクラス」や「愛の不時着」など韓国ドラマやウェプ漫画が大きな人気を集め、韓国製化粧品や生活用品などの消費も広がるなか、韓国の中小・中堅企業200社の日本市場への進出をサポートするため企画されたという。

東京・大阪・名古屋・福岡を中心に△オンライン展示△オンライン相談会△ショッピングモールオフライン販促展△日本市場進出セミナーなどが開かれる。

オンラインでは、「アマゾン」と「楽天」や、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を活用して、韓国の消費財の販売促進を行う。オフラインでは、大阪「マルイ」と福岡「パルコ」ショッピングモールの販促展と連携し、韓国製品の販促を行う。特に福岡では、韓国観光公社と日本の旅行代理店である「HIS」とコラボレーションし、韓国ドラマ・音楽・ビューティーを体験できる空間が用意される。

先立って、KOTRAは、最近1カ月の愛大に、日本のテレビショッピングチャンネルQVCやクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」への入店・利用方法、主要バイヤーの購買政策などを紹介するセミナーを開き、韓国企業が事前に日本市場を理解できるよう支援していたという。

日本のホームショッピングに納品するA社は、「日本のテレビショッピングは、消費者の視線を一目でつかむ特徴のある製品を好む」とし、「韓国のホームショッピングで既に販売されたことがある製品であれば、日本のバイヤーにもアピールしやすいだろう」と述べた。

ユ・ジェウォンKOTRA貿易基盤本部長は、「KOTRAは、世界各地でカスタメイズ型のオン・オフライン韓国商品展を推進している」とし、「新型コロナウイルスの長期化で海外出張が難しくなるなかで、韓国の中小・中堅企業を積極的に支援したい」と強調した。

先日は、韓国観光公社もニコニコ動画と提携し、日本人の若い世代をターゲットにした観光誘致を目的としたオンラインイベントを開催しており、第4次韓流ブームを商機とみた韓国経済界のアプローチが続きそうだ。
 
(参考記事:「韓国が日本の若年層対象にオンラインイベント開催…コロナ後の観光回復を期待」)
(参考記事:「韓国済州島が日本人向け観光企画を立ち上げ 自宅にいながら参加し楽しめる」)

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG