韓国大統領府への脱原発再考請願に2万7千人が賛意…「カーボンニュートラルには原発が必要」

ムン・ジェイン政府の脱原発政策の撤回を要求する国民請願文に五日で2万7000人以上の賛意が集まっている。 11日、大統領府の国民請願掲示板には「大統領様、脱原発の是非を再考し、新ハヌル3・4号機の建設を再開してください。国民世論に従ってください」という請願が投稿された。この記事は16日午後2時現在、2万7000人余りが賛意を示している。

請願者は「脱原発に同意していない国民がほぼ7割に近いことが分かった」とし「国家経済と未来のための脱原発政策を撤回してほしい」と要望した。

請願者は、最近エネルギー政策の合理化を追求する教授協議会などが世論調査会社エムブレインパブリックに依頼して実施した「エネルギー政策国民認識調査」の結果を引用して、「今後、原子力発電の割合について拡大・維持を望む意見が68.6%となり、縮小を望む意見の28.7%に比べ2.4倍に達したことを挙げた。またギャラップの4回の独自調査や過去3年間9回の調査結果から、この原発に対する世論が「一過性ではない」と主張した。

請願者は、「脱原発は、原子力発電の割合の縮小を意味するが、脱原発に同意していない国民が同意する国民の2倍以上に上る」とし「今、より多くの国民が太陽光より原子力が韓国に最も適した発電源だと考えている」と指摘した。

先に全国18歳以上の男女1021人を対象に実施したエムブレインパブリックの調査では、「韓国に最も適した発電方式」を問う質問に36%が原子力を1位に挙げた。太陽光発電(31.3%)と風力(13.5%)が2・3位だった。先に原子力学会が2018〜2019年に4回実施した調査では、太陽光が1位、原子力が2位だったが、今回の調査では順位が入れ替わった。

請願者は「脱原発は国民世論ではない」とし「脱原発反対と新ハヌル3・4号機の建設再開国民署名者も89万人に迫っている」と指摘した。

請願者は、韓国は、太陽光・風力などの再生可能エネルギー発電の環境が良くないため、カーボンニュートラルを実現するためにも、原子力が必ず必要だと強調した。

彼はまた、最近、韓米首脳会談で、両国が海外原発市場進出に協力することに合祀したことと関連して、「米国との海外原発市場の共同進出のために、原子力産業生態系の再生が切迫している」と指摘した。

大統領府の国民請願は、投稿から1カ月以内に賛意者が20万人以上集まれば、30日以内に政府や大統領府の責任者が回答する義務が生じる。