歌手BoAがSM株を大量取得 金融監督システムで判明

日本でも活躍した韓国出身の歌手BoA(クォン・ボア)がストックオプションを行使してSMエンターテイメントの株式6,000株を追加で取得したことが分かった。 BoAは2014年から韓国の老舗芸能大手であるSMエンターテイメントの理事を務めている。
 
(参考記事:[解説] 進化するK-POPビジネスのいま 世界化とハイテク化を進める韓国芸能大手
 
13日、韓国金融監督院の電子公示システムによると、BoAは9日、ストックオプションを行使してSMの株式6000株を追加で取得した。これにより、すでに2,153株を保有していたBoAは今回のストックオプションの行使により、合計8,153株を保有することになった。持分比率は、従来0.01%から0.03%に増えた。

BoAのストックオプション行使価格は4万2,640ウォンで、総額約2億6,000万ウォン(約2505万円)となる規模だ。この日の午後3時時点の株価6万5,200ウォンで計算すると、約1億3,536万ウォン(約1,304万円)の評価差益を得た。この日SMエンターテイメントの株価は取引時間中6万7,500ウォンまで上がり年間最高値を更新した。

BoAは2018〜2019年にもストックオプションを行使している。
 
(参考記事:BTS所属のハイブの株価が4.76%↑ 新MV「Permission to Dance」公開など好感か
(参考記事:JYPエンター株が下落、J.Y.Parkの株売却が影響か…証券社は目標株価を引上げ
(参考記事:株価好調のSMエンターテイメント ガバナンス改善やハイテク企業化期待
 
(写真:SMエンターテイメント)