BTSの事務所、株価急騰で創業者資産も3,500億円に急増

BTSが所属する韓国芸能大手「ハイブ」の創業者パン・シヒョク議長の個人資産が、ハイブの株価急騰により二倍以上に急増し、32億ドル(約3,532億円)に達しているとブルームバーグが12日(現地時間)報道した。

ブルームバーグ億万長者指数(Bloomberg Billionaires Index)によると、パン議長の個人資産は32億ドルと推定された。
 
(参考記事:BTS所属のハイブの株価が4.76%↑ 新MV「Permission to Dance」公開など好感か
 
パン議長の資産が急増したのは、ハイブの株価急騰による。ハイブは、昨年10月の上場以来、株価が130%急騰した。上場当時のパン議長の個人資産は15億ドルと評価されていた。しかし、わずか数ヶ月で株価が130%急騰し、資産も32億ドルに達した。

ハイブの株式34%を所有しているパン議長は、最近の音楽プロデュースに集中するために最高経営責任者(CEO)職から退いた。

ハイブは、1日にパン氏が理事会の議長に専念し、中核事業の意思決定だけに参加し、あとは音楽プロデューサーとしての役割に集中すると明らかにしている。

パン議長は2005年にハイブの前身であるビッグヒットエンターテイメントを創業し、BTSを世界的なグループに成長させた。
 
(参考記事:歌手BoAがSM株を大量取得 金融監督システムで判明
(参考記事:[解説] 進化するK-POPビジネスのいま 世界化とハイテク化を進める韓国芸能大手
(参考記事:韓国ファンド、BTS所属企業ハイブの株式を大量売却…最近の株価急騰で数百億円規模の差益獲得か