ブラック・ピンクが「ウィバース」に合流(8/2オープン) BTS所属ハイブと戦略的提携

ブラック・ピンク(BLACKPINK)が、ファンコミュニティプラットフォームである「ウィバース」(Weverse)に合流することが分かった。

14日、所属事務所のYGエンターテイメントによると、ブラック・ピンクのウィバース内ファンコミュニティは8月2日にオープンされる。
 
参考記事:[解説] 進化するK-POPビジネスのいま 世界化とハイテク化を進める韓国芸能大手
 
韓国メディアなどによると、ブラックピンクデビュー5周年(8月8日)を控えていることから、スペシャルコンテンツやイベントが打ち出されることが期待されていた。 YG側はこれについて「ブラック・ピンクの《4 + 1 PROJECT》の一環である」と説明した。

YG所属アーティストのWeverse合流はトレジャー(TREASURE)、アイコン(iKON)に続き三件目となる。 YGはハイブ(旧ビッグヒットエンターテインメント)、ハイブ傘下のウィバースカンパニーとの間で戦略的パートナーシップを強化すると発表していた。

ブラック・ピンクは、過去2016年8月にデビューと同時に大衆をひきつけた後「DDU-DU DDU-DU」や「Kill This Love」などを発表し、世界的な人気を得ている。

昨年10月に発表されたアルバム「ジ・アルバム(THE ALBUM)」は、米国ビルボード200と英国オフィシャルチャートで2位を記録しK-POPガールズグループとして最高ランク記録を自ら更新した。
 
参考記事
ハイブ・JYP・SM 韓国芸能大手3社の経営スタイルに変化か 経営者交代やテック導入
BTSの事務所、株価急騰で創業者資産も3,500億円に急増
歌手BoAがSM株を大量取得 金融監督システムで判明