BTSが米の上半期CDアルバム販売高で1位に 2位はテイラー・スウィフト

BTS(防弾少年団)が今年上半期、米国でCDアルバムを最も多く売ったアーティストとなった。

米ビルボードが13日(現地時間)報道したMRCデータの今年上半期分(1月1日〜7月1日)音楽市場の統計によると、BTSは、この期間、米国で全アーティストの中で最も多い57万3,000枚のCD販売高を記録したことが分かった。2位はテイラー・スウィフトの41万4,000枚だった。
 
参考記事:BTSの事務所、株価急騰で創業者資産も3,500億円に急増
 
CDとLP、カセットテープなどをすべて合わせたアルバム販売量ではテイラー・スイフトが合計74万6,000枚で1位、BTSが57万3,000枚で2位だった。

BTSは、昨年11月のミニアルバム「BE」の発売以来、今年上半期には新譜CD発売を行っていない。最近のヒット曲「バター」はデジタルシングルとして先に発表され、「バター」と「パーミッション・トゥ・ダンス」が収録された実物CDは7月9日に出されたため、上半期記録には含まれない。それにも関わらず、最上位にランクインしたことは注目される。
 
 

(画像:BTSの販売記録について記述されたビルボードの当該記事キャプション)
 
 
上半期アメリカで最も多く販売された実物アルバムのトップテンにBTSのアルバムは2枚ランクインした。

「BE」が6位(12万5千枚)を記録し、昨年2月に発売された正規4集「マップ・オブ・ザソウル:7」(MAP OF THE SOUL:7)も10万5千枚売れ10位に入った。

また、KポップグループNCTの「レゾナンスパート1」が10万6千枚で8位を記録した。
 
ブラック・ピンクが「ウィバース」に合流(8/2オープン) BTS所属ハイブと戦略的提携
BTS所属のハイブの株価が4.76%↑ 新MV「Permission to Dance」公開など好感か
[解説] 進化するK-POPビジネスのいま 世界化とハイテク化を進める韓国芸能大手