読売の日韓首脳会談決定報道 韓国大統領府幹部も暗に認める「文大統領は易き道より、より良い道を進む努力をしている」

  • 2021年7月19日
  • 2021年7月19日
  • 政治

読売新聞は19日、東京オリンピック開幕日である23日に、東京でムン・ジェイン(文在寅)大統領と菅義偉首相が初の首脳会談を開く方針を決めたと報じた。読売は、首脳会談が東京元赤坂の迎賓館で予定されているとし、「慰安婦問題や《元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)をめぐる問題などについて協議する見通しだ》と伝えた。
 
参考記事:日韓首脳会談、成果重視の韓国と選挙前の「リスク」避けたい日本の構図…韓国通信社
 
また、ムン大統領について「マスターベーション」という表現を使った在韓日本大使館の相馬弘尙公使を日本政府が更迭する方針であることも伝えた。

読売の報道直後から、韓国メディアは19日に朝、一斉に同報道を引用し報じている。まだ速報段階であるため、論評を加えている媒体は見当たらないが、報道のスピードから関心の高さが伺える。

パク・スヒョン青瓦台国民疎通首席は19日、聯合ニュースの事実確認に対し、ムン・ジェイン大統領が東京オリンピックの開会式に出席するかどうかについては、「まだ決まったことはない」としつつ、「ムン大統領は簡単な道より、より良い道を行こうと努力している」と述べた。

前日、聯合ニュースなどは、ムン大統領が19日に日本に訪問するかどうかを最終検討すると伝えていた。
 
参考記事:在韓日本大使が公使の性的発言について遺憾 「文在寅大統領への発言ではなく、発言も撤回」
参考記事:北朝鮮が文大統領の東京五輪出席を間接批判か 「日本の狡猾なメロディーに合わせて踊る格好」
参考記事:在韓日本大使館関係者の性的発言に批判 「文大統領はマスターベーションをしている」