文在寅大統領の支持上昇がストップ 駆逐艦集団感染や側近有罪影響も

ムン・ジェイン(文在寅)大統領の支持率が3週連続で40%台を記録したが、上昇傾向がストップした。駆逐艦のコロナ集団感染や側近の有罪判決が影響したとみられる。

26日、リアルメーターがYTNの依頼で実施した7月第3週(19日〜23日)集計によると、ムン大統領の支持率は先週比0.8%ポイント下落となる44.7%(非常に良くやってる25.9%、良くやってる方18.8%)となった。
 
参考記事:韓国駆逐艦のコロナ感染が247人に拡大 韓国軍で最大規模の集団感染に
 
去る7月第1週の調査では、18週ぶりに40%台を記録し、7月第2週には45.5%、そして今回は44.7%となり、上昇した支持率を誤差範囲内で維持した。

否定評価は、先週比1.0%ポイント高い52.2%(非常に良くない36.9%、良くない方15.2%)と集計された。 「分からない・無回答」は0.1%ポイント減の3.2%だった。

肯定・否定評価間の差は7.5%ポイントで、先週5.7%ポイントに続き2週連続で一桁内の差となった。

ムン大統領の支持率が小幅下落したのは、清海部隊(文武大王艦)のコロナ集団感染事件や、ワクチン接種の予約停滞などに加え、キム・ギョンス慶南知事に対する最高裁有罪宣告が影響を及ぼしたとベ・チョルホ=リアルメーターシニア専門委員は解釈した。

減少幅は微減にとどまったものの、2週連続で支持が上昇していたことから、その影響は少なくないとみられる。

 
参考記事:文在寅大統領の訪日見送り、韓国世論は肯定評価…決定支持65.5%
 
ムン大統領の肯定的評価は、光州・全羅道(3.0%p↑)、60代(2.9%p↑)、与党支持層(9.9%p↑)、保守層(3.5%p↑)、学生(4.3%p↑ )・自営業者(1.7%p↑)で上昇した。

否定の評価は、ソウル(3.5%p↑)、男性(2.3%p↑)、70代以上(7.6%p↑)・20代(2.1%p↑)・40代(2.0%p↑)、国民の当支持層(4.5%p↑)・国民の力支持層(2.3%p↑)、中道層(1.8%p↑)、無職(9.4%p↑)で上昇した。

政党支持率は、与党・共に民主党と、最大野党・国民の力、いずれも下落した。

共に民主党は先週比1.6%ポイント減の35.1%、国民の力は1.2%ポイント下落した33.7%となった。

今回の調査は、無線電話インタビュー(10%)と無線LAN(80%)・有線(10%)の自動応答混用方式、無線LAN(90%)・有線(10%)並行ランダム生成票集枠組みを通じた任意のダイヤル方法で実施された。 18歳以上の有権者4万4895人に通話を試みた結果、最終的に2516人の応答があり5.6%の回答率を得た。標本誤差は95%信頼水準で±2.0%ポイントだった。
 
参考記事:【解説】文大統領が訪日見送り 性的発言に韓国与党の反発大きく…次期政権と交渉も?
参考記事:文在寅大統領の支持率が急上昇 肯定評価が45.5%に…2週で7.5%UP
参考記事:韓国次期大統領選、知日派の李洛淵氏が支持率急騰…有力3候補が3.7%差内で接戦