米中独が南北朝鮮の通信線回復に歓迎・支持コメント

中国外交部は南北朝鮮が27日に通信線を復元したことについて支持する声明を出した。

趙立堅中国外交部スポークスマンはこの日の定例ブリーフィングにおいて、「南北が通信連絡チャンネルを既に再開したことを注目している」とし「朝鮮半島の隣国として、中国は南北が対話で関係を改善し和解と協力を推進することを一貫して支持する」と述べた。

続けて、「今回の両国の共通認識と行動が、北南関係の改善と発展に積極的な役割をすることを希望する」と付け加えた。

ドイツ外交部もこの日、「南北間の通信連絡線が復元されたことを歓迎する」とし「北朝鮮の核プログラムの弾道ロケットプログラムに関する交渉に復帰することを促す」と述べた。

続けて、「ドイツは、朝鮮半島の平和と安定に貢献するすべての接近と措置を支持する」と述べた。

この日、南北双方は、通信連絡線の修復を発表し、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長が去る4月以降、最近まで複数回親書を交換していたことを明らかにした。

米国務省もこの日、歓迎の意を伝えている。
 
参考記事:米政府、南北朝鮮の通信連絡線復元を歓迎 「明らかに肯定的な措置」
参考記事:韓国が北朝鮮との連絡通信線回復を急遽発表 首脳会談の可能性も
参考記事:北朝鮮との通信回復、韓国与野党で対照評価 「激しく歓迎する」「求愛ではなく対話に」