韓国の人口が19カ月連続で自然減少 少子化で出生児数を死亡者数が上回る

韓国の5月の出生児数が2万2千人台に留まり、人口自然減が19カ月連続となったことが分かった。今年1〜5月の人口自然減は1万3千人に迫った。

28日、韓国統計庁が発表した「5月の人口動向」によると、5月の出生児数は2万2千52人で、1年前に比べ809人(-3.5%)減少した。

これは、5月基準だと、1981年に関連統計の作成が始まって以来、最低値となる。
 
参考記事:韓国で妊娠・出産診療費の支援金が引上げ 6万円→10万円に(双子は10万円→14万円)
 
5月の出生児数は、過去2019年まで2万5千人台だったが、昨年は2万2千人台に低下したのに続き、今年もその水準を維持した。

これにより、毎月の出生児数は2015年12月から66ヶ月にわたり、前年同月比で減少している。
 

(画像:韓国統計庁が発表した「5月の人口動向」キャプション)
 
5月の死亡者数は2万5千571人で、1年前に比べ1千226人(5.0%)増加した。

これにより、5月の人口自然増加分(出生児-死者)は-3千518人と集計された。

出生児数より死亡者数が多く、人口の自然減少は、2019年11月以降19カ月連続で続いている。

1〜5月の累計基準人口自然減少分は、-1万2千824人と集計された。

市・道別の出生児数は、ソウル・大邱など5つの市・道で前年同月比増加し、釜山・仁川など11の市・道で減少した。

人口は、ソウル・光州など6つの市・道で自然増加し、釜山・大邱など11の市・道で自然減少した。
 
参考記事:韓国で養育費未払者の出国を禁止する法律が施行
参考記事:韓国が青年支援策を強化 貧困層に最大104万円の貯蓄支援など(韓国版ニューディール2.0政策で発表)
参考記事:韓国大統領有力候補の李知事「ベーシックインカム導入は明確な私の公約」「現政府、賃金集中で自営業者が困難」