李明博・朴槿恵元大統領の特赦 韓国民56%が反対も与野党支持者で対照的結果に

収監中の李明博・朴槿恵元大統領の特赦が議論されるなか、反対意見がまだ優勢であることが世論調査の結果で分かった。

エンブレインパブリック・ケイスタットリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチの4つの世論調査会社が過去26〜28日まで、全国の18歳以上の男女1003人を対象に実施し、この日に発表した全国指標調査(NBS)によると、光復節(8月15日)を控え、議論が高まっている二人の元大統領に対する特別赦免について「反対する」が56%、「賛成」は38%だった。
 
参考記事:韓国次期大統領選、反与党の元検事総長が支持トップ…与党二候補を上回るも接戦
 
韓国与党の共に民主党支持層では、反対(79%)が賛成(18%)よりも圧倒的に高く、野党・国民の力の支持層では賛成(70%)が反対(27%)よりも多く、与野党支持者の間で対照的な結果をみせた。

法務部の仮釈放審査対象として上がっているイ・ジェヨン=サムスン電子副会長の仮釈放の立場を問う質問には、「賛成」意見が70%となった。 「反対する」は22%であった。

与野支持者は賛成59%、野党支持者は94%の賛成意見を示した。無党派層でも60%が賛成した。

政府の新型コロナウイルス感染症の対応については、肯定的評価が55%、否定評価が42%となった。

コロナの肯定的評価は、6月第3以後ずっと下落しており、5月第1週(55%)以来の低水準となった。

コロナについては「深刻だ」という認識が80%に達したことが分かった。 「深刻ではない」は19%であった。

今回の調査は、国内通信3社が提供する携帯電話の仮想番号(100%)を利用した電話面接調査でなされ、回答率は26.7%であった。標本誤差は95%信頼水準で±3.1%pとなった。
 
参考記事:日本25.54%:韓国13.5% 日韓のワクチン接種完了率差が約2倍に 韓国はモデルナ製供給調整でさらに遅れる可能性も
参考記事:文在寅大統領の支持上昇がストップ 駆逐艦集団感染や側近有罪影響も
参考記事:韓国最大野党の李代表「文政権が破棄した慰安婦交渉、より良い形に」「日本は留学生の隔離免除を」