韓国銀行「昨年の北朝鮮経済成長率はマイナス4.5%…気象の悪化・経済制裁・国境封鎖が影響」

  • 2021年7月30日
  • 2021年7月30日
  • マクロ

韓国銀行(中央銀行)が30日に公開した「2020年北韓鮮経済成長率推定結果」によると、昨年、朝鮮民主主義人民共和国(以後、北朝鮮)の実質国内総生産(GDP)は、前年(2019年)より4.5%減少した。

これは「苦難の行軍」の時期である1997年(-6.5%)以来最大幅のマイナス成長であるというのが韓国銀行の説明である。
 
参考記事:韓国が北朝鮮との連絡通信線回復を急遽発表 首脳会談の可能性も
 
チェ・ジョンテ韓銀経済統計局国民所得総括チーム長はマイナス成長の背景について「気象条件の悪化、高強度の経済制裁の持続、コロナによる国境封鎖などの影響」であるとし、「2020年の北朝鮮の実質GDPは、2003年(31兆4000億ウォン=約3兆円)レベル」であると説明した。
 

(画像:韓国銀行が発表した当該報告書キャプション)
 
昨年、北朝鮮のすべての産業が後退したが、特に農林漁業(-7.6%)、軽工業(-7.5%)、サービス業(-4.0%)などの減少幅が大きかったと推定された。
 
参考記事:北朝鮮が韓国五輪代表に同調? 「菅一味が韓国選手村垂れ幕に難癖…右翼達をけしかけ暴虐」
 
2020年基準で、北朝鮮の国民総所得(名目GNI)は35兆ウォンと推定され、これは韓国の1.8%(56分の1)の水準となる。

1人当たりの国民総所得(137万9千ウォン)も韓国の3.7%(27分の1)のレベルであった。

2020年の北朝鮮の対外貿易規模(は、8億6000万ドルで、1年前(32億5千万ドル)と比較して73.4%も急減した。
 
参考記事:南北経済協力の象徴「開城工業団地」の元入居企業ら、再開求め米でロビー活動を始動か…韓国紙報じる
参考記事:韓国大統領候補、「南北首脳会談は北京五輪で開催可能性」「習近平首席、リーダーシップ見せたい」
参考記事:米政府、南北朝鮮の通信連絡線復元を歓迎 「明らかに肯定的な措置」
 
(写真:Pixabay)