韓国最高裁、韓国日産への罰金確定 車両排出ガスの認定書類偽造

  • 2021年8月3日
  • 2021年8月5日
  • 産業

車両の排出ガス認定書類を偽造した疑いで裁判に付されていた韓国日産(Nissan Korea Co., Ltd.)への罰金1千万ウォン(約95万円)が確定した。

韓国最高裁1部(主審ノ・テアク最高裁判事)は、自動車管理法違反などの疑いで起訴された韓国日産などの上告審において罰金1千万ウォンを宣告した原審を確定したと3日明らかにした。
 
参考記事:韓国国交省がホンダに2.6億円の課徴金 オデッセイの安全基準不適合で
 
韓国日産は2012~2015年、排出ガスと燃費試験成績書などを操作して、輸入車の認証を受けてた容疑で裁判を受けてきた。

検察は、韓国日産が小型スポーツ多目的車(SUV)「キャッシュカイ」と中型セダン「インフィニティQ50」が認証される過程で、他の車の試験成績書などを提出したと判断した。
 

 
1審では韓国日産は容疑が認定され罰金1千500万ウォンが宣告されていた。2審では操作嫌疑を認められたが、罰金は1千万ウォンに下げられた。

当時犯行を主導した韓国日産の関係者A氏は懲役6ヶ月・執行猶予2年が確定した。別の関係者2人には、罰金300万ウォンと500万ウォンがそれぞれ確定した。
 
参考記事:韓国国交省、日産アルティマ19,760台のリコール発表…安全基準違反で課徴金賦課へ 起亜も対象

参考記事:現代自動車のEV、リコール進まず…車主ら火災リスクと隣り合わせ

参考記事:韓国現代自動車がトヨタ抑え1位 1~6月の世界水素自動車市場…「ネッソ」vs「ミライ」