韓国野党の崔大統領選候補「中国がとやかく言うこと容認しない」 韓米合同軍事訓練への反対に

韓国最大野党「国民の力」の大統領候補であるチェ・ジェヒョン(崔在亨)前監査院長は8日、中国が韓米合同軍事訓練に反対するという立場を明らかにしたことについて、「訓練を開催するかどうかについて、第3者である中国がとやかく言うのは容認できない」という立場を明らかにした。
 
参考記事:韓国大統領選出馬の崔候補「文政権は中国に屈従的」「徴用工問題は二度に渡り補償」
 
崔前院長はこの日、選挙事務所を通じて明らかにしたコメントにおいて、「北朝鮮が核ミサイル能力を増強する状況で、軍事的脅威から国民の生命と安全と危機を守る訓練をするかどうかは、韓米同盟のレベルで決定する事案」であるとし、このように批判した。

それとともに「どの国もこれに干渉する権利はない」と強調した。チェ前院長は先日、韓国次期大統領選への出馬表明をしたばかりだ。

先立って王毅中国外相(外交担当国務委員兼外交部長)は6日、オンラインで開かれたASEAN地域安保フォーラム(ARF)外相会議において、「米韓合同軍事訓練は、現在の形勢の下で建設性を欠いているした」とし、今月に予定され韓米連合訓練に反対していた。
 
参考記事:韓国次期大統領選、反文政権の崔在亨元監査院長が好感度で上位に躍り出る

参考記事:駐韓中国大使、韓国外交部の反論自粛要望を拒否 「立場を明らかにするのは当然のこと」

参考記事:韓国与党代表、クアッド参加に一線 「中国は最大貿易相手、参加すると誤解される」