韓国外交部、岸防衛相らの靖国参拝に抗議 新任の熊谷公使を招致

韓国外交部は13日、日本の閣僚が靖国神社を参拝したことについて抗議した。

韓国外交部は、イ・サンリョル=アジア太平洋局長が同日午後、熊谷直樹日本大使館総括公使を外交部に招致し、岸信夫日本防衛相の靖国神社参拝について厳重抗議した。

イ局長は、岸防衛相が、日本の過去の植民地支配と侵略戦争を美化し戦犯を合祀している靖国神社を参拝したことについて慨嘆を禁じ得ないと伝えた。

また、参拝が両国間の信頼関係を損なうことであり、日本の指導者が歴史に対する省察と反省を行動で示すよう求めた。

熊谷公使は韓国政府の立場を本国に報告すると述べた。

熊谷直樹総括公使は、先日帰国した相馬弘尚前総括公使の後任として赴任したばかりだ。

日本の岸信夫防衛相と西村康稔経済再生担当大臣が13日に靖国神社を訪問した。
 
参考記事:韓国左派系紙「日本は五輪強行の責任を誰も問わず」「被爆国の名で被害国に扮し責任回避」

参考記事:韓国最大野党の李代表「文政権が破棄した慰安婦交渉、より良い形に」「日本は留学生の隔離免除を」

参考記事:韓国警察、相馬公使の日本帰国まで捜査継続へ