SKイノベーション、中国に4つ目の電池工場設立へ10億ドル超出資

韓国のバッテリー大手・SKイノベーションが1兆ウォン以上を投資して、中国に4つ目となる電気自動車用バッテリー工場を建設する。

SKイノベーションは1日、中国塩城(江蘇省)に電気自動車用バッテリー工場を新設するために、現地法人に10億6000万ドルを出資すると公示した。

投資額は今月から2024年12月までに分割で出資される。 SKイノベーションバッテリー事業は来月1日付で分社化される予定であり、それ以降に投資が本格化される見通しだ。

SKイノベーションは、現在、中国常州(7GWh)と塩城(10GWh)、恵州(10GWh)など3カ所で電気自動車用バッテリー工場を稼働している。常州工場は北京自動車との合弁であり、塩城と恵州工場は、中国のバッテリーメーカーEVEと合弁の形で運営している。

塩城の第4工場は合弁形態ではなく、独自運営されることが分かった。

新設工場の生産能力は、既存の中国国内SKイノベーションバッテリー工場の中で最大規模になる見通しだ。

同社は現在、韓国と米国、中国、ハンガリーなどの拠点で年間40GWhレベルのバッテリー生産能力を備えている。SKイノベーションは2023年85GWh、2025年には200GWh、2030年には500GWh以上に生産能力を拡大すると発表した。
 
参考記事:韓国SKグループ、越薬局最大手に1,100億円投資…越企業への投資相次ぐSK

参考記事:サムスンSDIがLG化学の時価総額抜き、韓国バッテリー社1位に躍り出る

参考記事:韓国LG化学の株価が暴落 米GMからの賠償報道受け…EV火災関連