韓国被害者側、三菱重工業の債権差押申請を取り下げる…無理があると判断?

三菱重工の国内債券について差し押さえの申請をしていた件で、強制動員被害者の家族が差し押さえの申請を取り下げたことが分かった。

聯合ニュースは2日、法曹界への取材をもとに、「日帝強制動員被害者4人の家族を法律代理する法務法人ヘマルは、水原地裁安養支院に差し押さえの解除と、回収放棄申請書を提出した」と報じた。
 
参考記事:韓国経済紙「三菱重工業の債権差し押さえ…韓国企業が《最大の被害者》になる」
 
家族側は先日、三菱重工業側が韓国企業LSエムトロン社と取引してきた事実を確認し、裁判所に物品代金債権を差し押さえてくれという申請を行っていた。

最高裁判決で家族側が勝訴していたが、三菱側が賠償を履行していなかったことから、三菱側の韓国内債券を差し押さえ、賠償金に充てる考えだった。水原地裁安養支院はこれを聞き入れLSエムトロンが持つ8億5千万ウォン相当の物品代金債権について債権差し押さえと回収命令の決定を下していた。

しかしLGエムトロン側は、自社が取引するのは三菱重工エンジンシステムであり、三菱重工業とは取引がなく債務もないという内容の文書を裁判所に出していた。三菱重工エンジンシステムは三菱重工業の100%子会社ある。

一度決定された決定を家族側が今回申請を取り下げたことから、100%子会社とはいえ、別会社の債権を差し押さえるのは無理があると判断した可能性がある。

聯合ニュースによると、今回の件の詳細については、ヘマル側が改めて発表するとのこと。
 
参考記事:韓国徴用工裁判で三菱マテリアルを訴えた遺族5人が敗訴

参考記事:住友化学が韓国で半導体素材生産拡大 韓国紙「脱日本の動きに驚いた」「サンキュー輸出規制」

参考記事:韓国市民団体、日本の歴史歪曲「論破サイト」を開設 松下村塾をユネスコに告発も