韓国軍のキムチから包丁が発見 他にも針金・虫・カエル… 業者への罰則は甘い謎

韓国軍で「粗末な給食」が暴露され問題となるなか、今度は衛生問題で驚きの報道がなされた。将兵たちが食べる軍納食品から包丁や針金、カエルや虫などが見つかったのだ。
 
参考記事:韓国でエゴマ油から発癌物質ベンゾビレン検出 「食べ物や薬品で相次ぐ…強力措置必要」農業メディア 
 
5日、韓国の防衛事業庁と陸軍本部が国会国防委員会アン・キュベク議員に提出した資料によると、軍納食品から発見された異物のうち、髪の毛、ビニール、プラスチックのかけらなどが最も多いことがわかった。

一部では針金、虫、カエル、さらには包丁まで発見された。MBC放送はキムチから包丁が見つかったショッキングな映像を伝えている。

このような異物が発見されているにもかかわらず、該当業者に対して軍当局のペナルティは極めて低いレベルに留まり、現在も軍納を続けていることが判明した。

ある軍納業者は2016~2020年の直近5年間で、22件の異物検出と是正措置を受けたにもかかわらず、今年97億ウォン(約9億円)規模の新規契約を結んだことがわかった。
 

MBC報道キャプション
 
これについてアン議員側は、「異物検出で制裁を受けた業者が軍納を続けられたのは、有名無実の制裁規定が背景になった」と説明した。

軍規定によると既存の軍納業者の納入物から重大な異物が発見された場合は0.2点、軽微な場合は0.1点の減点に留まり、100点満点で1点にも満たない減点であることから、契約成立への影響が微々たるものであることが分かった。
 

MBC報道キャプション
 
MBC報道キャプション
 
アン議員側は「自分の子どもが食べる食べ物から包丁、針金、昆虫、さらには大腸菌が出たらどうするのか。軍納食品の異物よりもっと恐ろしいのは軍関係者たちの放棄と無関心」とし、「異物が検出されても反省しない業者が二度と軍納に参加できないように、《ワンストライクアウト》制度を早く導入しなければならない」と強調した。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「間でどれだけ人間が甘い汁を吸ったらこんな食材が入ってくるのか…国に金が無いのではなく泥棒が多いんだ」

「…リベートのない軍納を見たことがない」

「様々な場所に泥棒が…」

「こんなものを食べさせた国を守れと若者に言うのか?」

「軍隊改革を早く…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:仏医学者「韓国はキムチがコロナ死亡率を下げた」「欧州でも発酵野菜とる国は低い」

参考記事:韓国のキムチ輸入がさらに減少 中国「裸漬けキムチ」余波続く 起源論争など「場外戦」も

参考記事:韓国の農協直販野菜から残留農薬検出 基準値22倍のネギ、3.6倍の白菜など