韓国紙「日本の右翼政治家に謝罪を求める必要ない」「村山・河野談話の継承意思のみ聞けば良い」

韓国紙が「日本の謝罪」について、もはや求める必要は無いとの見方を示している。
 
参考記事:韓国紙「戦争犯罪認めない日本は常識以下」「反省しない者は天が殺す」
 
毎日経済新聞は16日、パク・サンジュン客員論説委員の寄稿文『良心的日本人たちの謝罪を受け入れることで日本右翼に勝てる』を掲載した。

パク論説委員は、岸田文雄新総理は右翼ではないが、任命された大臣や自民党幹部に極右政治家が多いことから、「今のところ、日韓関係が改善されるのは難しいだろうという気がする」とし、それら政治家たちが「植民地支配を謝罪した村山談話や慰安所設置に軍が関与したことを認めて謝罪した河野談話に不満を持っている」と指摘した。

一方でパク論説委員は、「しかし、彼らには残念なことだが、そして良心的な日本人には幸いなことに、彼ら(極右政治家)はその両談話を否定できる力がない」とし、「日本の歴代政府は両談話を継承していると国際的に公言してきたからである」と述べている。

岸田首相は外相時代に記者会見において「歴代日本政府は、日本がかつてアジア諸国の国民に多大の損害と苦痛を与えた歴史的事実を謙虚に受け止めてきたが、改めて痛切な反省と謝罪の気持ちを表明する」と述べている。また、安倍元首相も村山談話と河野談話を継承するという立場を再三にわたって明らかにしている。
 

IMAGE
 
パク論説委員は「彼らは本気でそう言ったのか?」と問い、「岸田首相の場合はまだ判断がつかない」としつつ、「安部元首相はおそらく本気ではなかった」と指摘するが、「だからといって日本に再び心からの謝罪を要求する必要はない」と主張した。

パク論説委員は、「心から謝罪した首相がかつていて、日本の歴代首相は本気か否かに関わらず、その謝罪を正式に継承しているからである」とし、「安倍元首相のように過去の歴史について曖昧な態度をとる政治家には村山談話を継承するかどうかを尋ねれば良い。彼らは村山談話を否定したときに全世界でどのような非難が殺到するかをよく知っている。村山談話の継承は、謝罪の継承である」と述べている。

パク論説委員のこのような主張は、政府としての公式立場と、各政治家の心情は分けて考えるべきであるというものだ。村山談話と河野談話を日本の謝罪の要と捉え、政府要職者の継承意思有無のみを問い、それ以外の政治家の意思を韓国が一々問題視する必要はないとの見方といえる。

パク論説委員は、村山富市元総理や鳩山由紀夫元総理、菅直人元総理などに関しては「謝罪も本気だった」とし、「自民党出身の首相の中では、小渕恵三元首相の謝罪に本気度が感じられた」と指摘する。

1998年10月に日「21世紀新韓日パートナシップ共同宣言」を発表した際に、小渕首相からなされた謝罪と反省の意を真剣に受け止めた金大中大統領が「戦後日本が国際社会の平和と繁栄のために行ってきた役割を高く評価した」とキム教授は指摘し、「金大中大統領が小渕首相の謝罪を受け入れたことで、初めて日本の謝罪は謝罪に命を持つようになった」と説明した。実際、その後の韓日関係は急速に改善した。

キム論説委員は、「私たちは右翼政治家たちに再び謝罪を要求して対立する必要はない」とし、「彼らは良心的日本人の謝罪を継承しないことができないからである。良心的日本人の心からの謝罪を真に受け入れることが優先だ。それが右翼に勝つ方法である」と述べている。
 
参考記事:韓国紙「英国や日本は今も植民地収奪を美化する」「日本はわざと韓国を刺激し利用する」

参考記事:韓国紙「日本企業は中国と協力しつつ警戒も怠らず」「米側立つ政府と異なり、生存戦略着々」

参考記事:渋沢栄一が設立「朝鮮銀行」帳簿が韓国で発見 「公金を不正に支出…日本への賠償要求資料に」