韓国紙「IAEAが福島汚染水調査で韓国の被害検証を除外」 「IAEAは親日派」「放流すれば戦争」ネットユーザー

  • 2021年12月6日
  • 2022年11月21日
  • 政治

日本の福島原発処理水の影響を調査する国際原子力機関(IAEA)が韓国に及ぼす被害の可能性について評価対象から排除したとの報道が出ている。韓国は政府も民間も同処理水の放出に強い懸念を示していたことから、IAEAの決定に反発が出る可能性がある。
 
参考記事:韓国紙「IAEA総会で韓国が福島原発批判も、中国など他国は沈黙…孤独な戦いになる」
 
5日、原子力安全委員会(原安委)などによると、IAEAは近いうちに福島第1原発の汚染水放出と関連した日本政府の管理能力と影響の有無に対する検証を開始する予定だ。

これについて韓国日報は5日、「IAEAが韓国や中国などに及ぼす影響は排除し、調査対象を福島原発汚染水が直接放出される日本沖に限定し議論が少なくなかった」し、「これに先立ち、日本の東京電力が先月17日に発表した《原発処理水放出放射線影響評価報告書》にも韓国の被害可否は評価対象から除外された」と伝えた。

同紙は中国清華大研究チームが最近発表した海洋シミュレーション結果を引用し、「日本政府が既存計画どおり福島第一原発の1㎞外の海に汚染水(処理水)を放流する場合、280日以降、韓国の南海岸に、1年後に東海(日本海)と西海(黄海)まで達することが分かった」と伝えた。
 

image
 
続けて「しかし、IAEAが現在、日本政府の汚染水海洋放流に力を与えるために、日本の沖でのみ調査を限定したのではないかという疑惑が提起される」とし、「日本側は今回のIAEA検証を最後に放流に突入するという方針なので懸念がより大きい」との専門家意見を伝えた。

IAEAの処理水検証に韓国や中国の科学者も検証に参加する予定であると発表されていた。また、今年9月には韓国はIAEAの議長国に選ばれ、シン・ジェヒョン国際機関大使(当時)が新議長となっていた。そのため、韓国側のIAEAに対するロビー力は強まるとみられていた。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「これは韓国と中国だけでなくアジア各国が協力して被害補償のための国際的な議論を始めなければ」

「尹錫悦は福島の汚染水が安全だと言ってるので、支持者たちと共に一杯ずつ飲んでみろ」

「放流時は戦争だ」

「IEAEも尹錫悦と同じく親日派だ」

「IEAEの検証に韓国人も参加するはずだが…何をやってるんだ?」

「…頼むから国威のためにも日本と交渉しろ」

「なぜこのようなことを黙って見ていなくてはならないのか?」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国紙「日本の経済安保政策を警戒すべき」「韓国を戦略的に排除…日本企業損害でも」

参考記事:韓国市民団体「独島記念館を世界10万カ所に建て日本の歪曲知らせる」「エッフェル塔や自由の女神像の横にも」

参考記事:海外紙「韓国のコロナ感染が最多5千人超も…隣国日本は一桁維持」「医療体系が脆弱な実状…拡散止まらず」