カカオジャパン「ピッコマ」の1~3月売上成長率が世界3位に

  • 2021年4月7日
  • 2022年11月21日
  • 通商

今年第1四半期(1~3月)、カカオジャパンのウェプ漫画・小説プラットフォーム「ピッコマ」が前四半期比の売上高成長率で世界3位になったことが分かった。

グローバルアプリ調査会社のアプリアニメがグーグル、アップルなど二大アプリマーケットを対象に調査した結果で判明した。

ピッコマはまた、今年の第1四半期の非ゲームアプリの売上で世界9位を記録した。売上10位のうちで唯一の漫画アプリだった。

ピッコマの全体の売上高の40%はウェブ漫画で稼いでいる。韓国発のウェプ漫画が稼ぐ月あたりの売上高は3000万円を上回ると伝えられた。
 
(参考記事:「グーグル、カカオモビリティに560億投資…様々な分野で提携へ」)
(参考記事:「世界の億万長者、韓国人は38人がランクイン…カカオやサムスン経営者など」)
(参考記事:「クーパンが日本進出か…ソフトバンク孫会長が検討発言」)