BTS所属事務所ハイブ、有償増資で約440億円確保…米大手事務所買収に活用か

  • 2021年6月3日
  • 2021年6月3日
  • 金融

BTSが所属する韓国芸能事務所ハイブ(旧ビッグヒットエンターテインメント)が4,455億ウォン(約439億円)規模の有償増資を行った。

韓国の金融紙などによると、ハイブは今回、目標としていた増資額の確保に成功したとされている。

2日のハイブ株価は26万3500ウォンとなっており新株発行価格(20万ウォン)より31.7%高い。そのため、今回の増資申込に参加した株主は、新株上場(6月22日)までの間に株価が大きく落ちない限り、相当のリターンを得ることができる。

ハイブは現在、アリアナ・グランデやジャスティン・ビーバーなど海外有名歌手を抱える米芸能事務所「イサカホールディングス」の買収を進めており、今回の有償増資で確保した資金も同買収のために使用されるとみられる。買収資金は、10億5000万ドルと伝えられる。

ハイブは、所属する韓国人グループBTSが、1日に新曲「Butter」が米ビルボードシングルチャートで1位を記録するなど、その勢いが持続している。
 
(参考記事:「BTSの所属事務所、社名を変更へ…マルチレーベルへの変換戦略一環」)
 
(写真:© BIGHIT MUSIC)