大韓航空が8月から仁川-グアム路線を再開へ ティーウェイやエアプサンも

  • 2021年6月29日
  • 2022年11月21日
  • 通商

28日、聯合ニュースによると、大韓航空は8月5日運航の仁川〜グアム路線の航空券販売を開始した。

大韓航空は来月、韓国国土交通省にグアム路線運航許可を申請する予定であり、承認された場合、8月から毎週木曜日に週1回グアム路線を運航する予定であると聯合ニュースは伝えた。

大韓航空は当初、11月にグアム路線の運航を再開する計画だったが、最近、グアム政府がアストラゼネカ(AZ)ワクチン接種者の隔離を免除したことを受け、スケジュールを繰り上げたとみられている。

去る26日基準で韓国累積1次接種者1,526万3,225人のうち、AZワクチン接種者が約3分の2となる1,039万641人を占めている。

韓国政府は、近いうちに、グアム・サイパン政府と相互間の入国者分離免除に関するトラベルバブル協定を締結するものと見られている。

ティーウェイ航空も来月31日から、エアプサンは9月からグアム運航を開始する予定である。

仁川〜サイパン路線は、アシアナ航空とチェジュ航空が来月24日から、ティーウェイ航空が来月29日から運航を再開する。
 
(参考記事:「大韓航空が200億円規模のESG債券発行 「ボーイング787」導入に活用」)
(参考記事:「アシアナ航空が108億円規模社債発行 大韓航空とのM&A期待で発行成功」)
(参考記事:「大韓航空がラウンジを大幅改善…すぐに入場でき、混雑もなくすシステム導入」)