韓国でインフレめぐり議論、民間債務やコロナダメージに懸念…研究者セミナー

  • 2021年6月30日
  • 2022年11月21日
  • マクロ

金利引き上げ時期が注目されている韓国で、通貨政策をより慎重に行う必要があるとの提言が出ている。同国の金融システム不安などからだ。

韓国経済研究院(韓経研)は29日午後、ソウル汝矣島全経連会館会議センターで開かれた「インフレ見通しと課題」セミナーでこのような主張が出てきたと明らかにした。

グォン・テシン韓国経済研究院長は開会の辞で、「インフレを継続するかどうかに応じて、金融政策などの調整が避けられないため、これを正確に診断することが重要である」とし「特に、インフレに対応したマクロ政策の運用において、韓国の高い民間債務と脆弱な返済能力を考慮に入れる必要があり、基本的に民間活力の向上を通じて、企業や家計の所得を高め債務を減らさなければならない」と主張した。

最初のセッションで「インフレの診断と展望」について発表を行ったキム・セワン梨花女子大教授は「インフレは短期的な現象にとどまらず、当分のあいだ続くだろう」と予想した。

キム教授は、「インフレ率は短期的に需要と供給、長期的に通貨量によって影響を受け、需要側では、△消費・投資の増加△輸出増加△政府の財政支出の拡大がインフレを牽引しており、供給面では原油価格の上昇がこのインフレを誘発している」と主張した。

また、「通貨量も昨年から年率で10%以上増加し、0.5%水準の基準金利と長期的なインフレ上昇の要因として作用する」と述べた。

ただし、キム教授は、「世界的な需要の減少により輸出増加傾向が鈍化する可能性や、米国の強いテーパリング(Tapering/資産買い入れ縮小)による、韓国の通貨量調整の可能性などは、インフレの強度や持続期間を減らす要因になりうる」と指摘した。

一方で、インフレは一時的であるとの見通しや、金融政策の基調転換に慎重でなければならないという主張も出ている。

「最近のインフレに対応した通貨・財政政策の方向」の主題発表を引き受けたジョン・ギュチョルKDI経済予想室長は、「最近、韓国経済の輸出が改善され、景気が緩やかに回復してはいるが、まだ危機以前の成長経路を下回ってている」とし、「産業別・業種別景気格差、民間消費の危機以前の水準米回復などを見ると、短期的には景気が過熱する可能性が低く、インフレも一時的なものだろう」と主張した。

それとともに、ジョン室長は、今後の金融政策の方向性について、「インフレが一時的な現象にとどまので、通貨政策の基調転換は慎重に進める必要がある」と主張し、財政政策の方向については、「(コロナ)危機が経済主体別に不均等なダメージを与えており、急増した国家債務などを考慮すると、財政政策は、脆弱・被害層に集中してサポートする必要がある」と指摘した。

また、「危機対応の過程で、民間の債務が急増し、資産価格が過度に上昇し、金融市場の不安が発生する可能性について留意する必要がある」とし「金融不均衡の可能性を軽減するため、マクロ健全性政策を優先検討しなければならない」と主張した。

最後に開かれた議論では、短期的には海外要因、長期的に技術の発展・人口構造の変化も重要であるとの見方が出た。

キム・ヒョンソク釜山大経済学科教授は、「物価安定の目標を国際経済と関連して綿密に検討することが重要である」とし、「米国の基準金利と原材料、為替レートの変動を注意深く見なければならない」と主張した。

ホ・ジュニョン西江経済学部教授も、「短期的には、世界経済の回復、米国基準金利、原材料価格、為替レートなどの海外要因が重要な変数として作用すると予想される」とし、「長期的には、技術の進歩と高齢化など人口構造の変化などがインフレ傾向を持続的に下落させる要因として作用する可能性がある」と主張した。
 
(構成:KOREA ECONOMICS編集部)
 
(参考記事:「韓国の国債金利上昇で懸念、中央銀行が2兆ウォン規模の買いオペ実施」)
(参考記事:「韓国の家計負債は世界平均を大きく上回る…金利上昇時に衝撃恐れ」)
(参考記事:「韓国の昨年国家債務が12兆円増加 国家債務比率が6.2%p上昇」)