韓国軍が初めて無人装甲車を導入 自動で攻撃しパンク時も駆動維持 現代自動車の系列社が納品

  • 2021年7月8日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国現代自動車の傘下企業である「現代ロテム」が、韓国軍に無人装甲車を供給する。韓国軍が無人車両を導入するのは今回が初めてだ。

現代ロテムは7日、韓国の防衛事業庁に多目的無人車両2台を納品したと発表した。
 
(参考記事:「韓国登録のミサイル特許技術、三菱電機の出願件数が上位に」)
 
多目的無人車両とは、調査、近接戦闘、交通機関、境界・偵察など、任務に応じて様々な機器を搭載し運用することができる2t以下のリモート無人運用車である。

納品された車両2台は、現代ロテムが昨年11月に受注したもので、韓国軍が初めて導入する無人車となる。今後6ヶ月間群で試験運用を行う予定だ。

今回の納品に先立ち、現代ロテムは軍をはじめ、防衛事業庁など国防関連機関の立会いのもと、車両の出荷検査を受けた。その結果、最大速度、登板性能、航続距離など25の要求性能の評価項目をすべて満足させ、車両の品質を認められたと現代ロテムは説明した。
 

 
現代ロテムが、今回納品した車両は、従来、独自に開発した多目的無人車両は、HR-シェルパ(HR-Sherpa)をベースに性能を強化したモデルである。昼夜カメラなどの監視装置を搭載して遠距離でも、別のモニタを介して走行および監視映像をリアルタイムで確認が可能である。

多目的無人車両の核心である無人運転能力についても、リモート走行をはじめ、指定されたルートを自ら移動できる経路点自律走行、車両の前の人員を自動的に追跡する依存走行など、さまざまなモードを搭載する。

加えて、車両の前面上部には、リモート武装ユニットRCWS(Remote Controlled Weapon Station)を装着し、リモートで攻撃と自己防衛任務を遂行することができる。車両後部には200kg以上を搭載することができる荷台を設け、様々な材料を運搬することができ、緊急時に患者を搬送することもできる。

多目的無人車両は6×6の電気駆動車であり、全体の6つの車輪に現代モービスが開発したホイールモーター(In-wheel Motor)はが装着され、それぞれの車輪が独立した駆動力を発揮するため、1〜2個の車輪が破損されても、残りの車輪の力で持続起動することができる。車輪はすべてエアレスタイヤ(Airless Tire)であり、攻撃を受けてもパンクが出ない機動力を維持することができる。

現代ロテムの関係者は、「第4次産業革命時代の競争力を確保するために、無人システムなど未来先端技術の研究開発に邁進した結果、多目的無人車両を書くに開発し、納品することができた」とし「韓国軍で運用される最初の無人車両を供給したことに責任を持って試験運用支援に最善を尽くした」と述べた。
 
(参考記事:「現代自動車の車が映画「スネークアイズ」に複数搭乗 「協力なパフォーマンス疲労で世界中の自動車ファンを楽しませた」」)
(参考記事:「大韓航空機を大統領専用機に改造…VIPルームやミサイル警報装置など搭載へ」)
(参考記事:「韓国の対イスラエル武器輸出、ガザ紛争後の増加に「条約違反になり得る」との批判…ムン政権で増加」)