韓国と豪州、レアアースや低炭素技術での協力を拡大へ・・・経済当局が協議

  • 2021年7月9日
  • 2022年11月21日
  • 通商

韓国とオーストラリアが、水素や低炭素技術、天然ガスやレアアースなどの分野で協力を拡大することにした。

韓国産業省(産業通商資源部)は8日から9日にかけ、オーストラリア産業科学エネルギー省との間で、「第30回 韓-豪エネルギー資源協力委員会」をオンラインで開催し、このような内容を議論した。

同委員会は、両国間のエネルギー・鉱物資源分野の公式協力会議体であり、1980年から定例的に行われている。
 
(参考記事:「「韓国も日本などのようにレアアースの対中依存を下げる必要がある」韓国研究機関が提言」)
 
今回の会議では、2050カーボンニュートラルの推進戦略(韓国)と低炭素技術声明(オーストラリア)など、両国のエネルギー政策の現状を共有し、低炭素技術や重要な鉱物、天然ガスなどエネルギー・資源分野の協力方案を模索した。

オーストラリア側は、清浄水素・アンモニア、CCUS(炭素捕集・活用・保存)、グリーン鉄鋼などの低炭素技術の関連共同研究開発(R&D)の推進などを内容とする「低炭素技術パートナーシップ」の構築を提案した。両国は今後、実務レベルの協議と検討を経て、具体的な協力分野を導出する計画だ。

韓国産業省の関係者は、「両国間の協力が鉱物は、天然ガスなどの伝統的な資源分野だけでなく、水素、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵装置(ESS)、CCUSなどカーボンニュートラルを実現するための未来志向の分野に拡大することを期待する」と述べた。

これと共に、両国は、カーボンニュートラルとクリーンエネルギーへの転換などにより、今後需要の拡大が予想されるニッケル・リチウム・レアアース等の希少金属分野での協力を強化しなければならないという意見を形成した。

このため、実務レベルの「核心鉱物協力対話」を進め、共同資源開発プロジェクトとのR&D課題を発掘するなど、協力案を具体化していくことで合意した。

また、オーストラリアは韓国にとって第2位の液化天然ガス(LNG)輸入国であり、安定したLNG需給のために相互互恵的な投資と協力を続けていくことにした。

韓国は昨年、オーストラリアからLNG約797万tを輸入している。これは全体のLNG輸入で19.9%の割合を占めている。

韓国側はすぐに用意する「2050カーボンニュートラルのシナリオをもとに、産業・輸送・エネルギーなど分野別の詳細実行戦略を用意する計画だと紹介した。

オーストラリア政府は今後、低炭素技術への投資を大幅に拡大する計画であり、エネルギー・資源分野の主要なパートナーである韓国との協力をさらに強化していくことを希望している。
 
(参考記事:「韓国の経団連「低炭素実現のためには原子力発電が必要」「再生エネは障害物が多い」」)
(参考記事:「炭素税導入は韓国企業に最大3.5兆円の税負担…経済団体が警鐘」)
(参考記事:「韓国造船海洋が817億円規模契約受注 LNG船2隻・LPG船3隻・VLCC1隻」)