辛ラーメンの「汁なし版」が発売へ 日本発レシピなどトレンドを反映

  • 2021年7月12日
  • 2022年11月21日
  • 産業

辛ラーメンで有名な韓国の食品メーカー「農心」本社は、辛さを新たに解釈した新製品「辛ラーメン焼きそば」(日本発売名は不明/신라면볶음면)を発売すると12日明らかにした。

農心は、国内外でスープのないラーメンの人気が高まっていることが、今回の新製品を発売することの背景になったと説明した。実際にSNSやYouTubeなどでは汁なしの辛ラーメンレシピが話題になっている。
 
(参考記事:辛ラーメン「農心」利益56%減…「コロナ特需」の反動 日本や米国では成長
 
農心は、日本の漫画「木曜日のフルット」(石黒正数)に登場する汁なし辛ラーメン「鯨井風汁なし麺」の例も出しながら、レシピのトレンドを説明した。

申請日「辛ラーメン焼きそば」はカップ版と袋詰め版の二種類が発売される。20日から韓国で発売し、8月から輸出を開始する予定であるという。

農心は今後も食文化のトレンドと消費者のライフスタイルの変化に合わせて辛ラーメンのブランドを広げる構えだ。

農心関係者は、「消費者の高い関心に支えられ、辛ラーメンの風変わりな魅力を感じることができる辛ラーメン焼きそばを発売することになった」とし、「これまで辛ラーメンが国民食として愛されてきたのは、辛ラーメンブラックと辛ラーメン乾麺などの新製品をリリースしながら、流行をリードしたからだ」と語った。

(参考記事:中国産キムチの偽装など、韓国で原産地違反業者1771カ所を摘発…335カ所は刑事立件へ
(参考記事:韓国産イチゴの輸出が今年急増、東南アジアで人気…大韓航空機を輸出専用でチャーター