KDDIと韓国LGユープラス、6Gなどで業務提携結ぶ

  • 2021年7月15日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国の大手通信企業であるLGユープラス(LGU+)は、日本のKDDIと5G新事業の発掘と6Gへの共同対応のための業務協約(MOU)を締結したと15日に明らかにした。

両社は、ネットワーク技術とソリューション、有線・無線事業におけるアイデアなどを共有する計画だ。

5G以降の次世代移動通信ネットワークである6G技術の開発と、今後の国際標準制定などにも共同で対応する。

両社は今後、他の国の通信事業者ともコラボレーション関係を結び、グローバル規模で協力を強化する方針だ。

バク・ジョンウクLGU+最高戦略責任者(CSO)は「今回のMOU締結を契機にKDDIと5Gサービスをはじめ、新事業分野での協力を拡大する」とし、「さらに6Gネットワークとクラウドなどの分野で世界的な技術革新を一緒にリードする」と述べた。

KDDIは「今後も、5Gをはじめとするさまざまなテクノロジーを活用することにより、お客さまの新しい体験価値を創造していきます」とプレスリリースを通じて伝えた。
 
参考記事
韓国がIBMの量子研究拠点になる可能性浮上 「ドイツと日本に次ぐ第3の拠点に」IBMコリア前代表
韓国人材採用特化プラットフォーム「KOREC」が500名登録突破…トリリンガルも多数登録