在韓日本大使が公使の性的発言について遺憾 「文在寅大統領への発言ではなく、発言も撤回」

  • 2021年7月17日
  • 2021年7月18日
  • 政治

聯合ニュースによると、相星孝一在韓日本大使が、最近韓国メディアとの昼食会面談の席で不適切な発言をしたとされる日本大使館関係者に「厳重注意を与えた」と日本大使館が17日、明らかにした。

相星大使はこの日午前、日本大使館が韓国メディアに配布した「相星孝一大韓民国特命全権大使のプレスリリース」を通じて、「相馬(ヒロヒサ)公使の今回の発言は、懇談中の発言であって、外交官として極めて不適切で非常に残念だ」と伝えた。
 
参考記事:在韓日本大使館関係者の性的発言に批判 「文大統領はマスターベーションをしている」
 
先立って、JTBCニュースルームは、日韓首脳会談の可能性など、両国間の関係の懸案に対する日本側の立場を聞くため、去る15日に日本大使館関係者と昼食を兼ねた席で面談したが、この関係者はムン・ジェイン大統領に向かって、不適切な性的表現を使ったと報じた。

相星大使は「韓国メディアの報道で、当社の大使館の相馬公使が韓国のマスコミ関係者の方々との懇談の席で不適切な発言をしたという記事があった」とし「すぐに相馬公司にこれを確認」したと発表した。

続いて、「確認したところ会話の中で報道のような表現を使ったのは事実だが、これは決してムン・ジェイン大統領への発言ではなく、相馬公司が懇談相手の記者にその場で不適切な発言だったとして撤回したという説明を聞いた」と述べた。

聯合ニュースは、在韓日本大使館が「大使名義」のプレスリリースを出すのは非常に異例のことであることから、「それだけこの問題を非常に深刻に受け止めているという観測が出ている」と伝えている。
 
参考記事
北朝鮮が日本とIOCを批判 「独島表記は民族自主権を蹂躙」「IOCは二重的な処置」
日韓首脳会談、成果重視の韓国と選挙前の「リスク」避けたい日本の構図…韓国通信社
日本が韓国にコロナワクチン接種率で並ぶ 2回目接種率では既に追い越す・・・オックスフォード大調べ