IOCが韓国選手村の「李舜臣横断幕」撤去要請 韓国側「旭日旗も違反適用を確認し応じた」

韓国代表団が東京オリンピック選手村に掲げた、いわゆる「李舜臣将軍横断幕」について、IOC(国際オリンピック委員会)が五輪憲章に違反するとして撤去を要請した。韓国側は抗議の末、旭日旗も同違反であるとの認識を確認し、要請に応じたという。
 
参考記事:東京オリンピック開催、最も望まない国1位は韓国も、2位は開催国の日本国民・・・国際調査で判明
 
聯合ニュースは17日、IOC関係者が16日、選手村大韓民国選手団を訪問したのに続いて、書面でも二回撤去を要求したという。

聯合は、「予期せぬIOCの圧迫に(大韓)体育会は、長い時間悩んだ末、日本帝国主義時代戦犯期の象徴である旭日旗もIOC憲章50条違反という点を強く問題視した」とし、「続いてIOCが大会期間、旭日期にもIOC憲章50条違反という点を同じように適用することを約束したため、相互合意により李舜臣将軍横断幕を17日午前に撤去した」と伝えた。

壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時に豊臣軍を打ち負かした李舜臣将軍が「尙有十二舜臣不死(臣にはまだ十二隻の船があり、私はまだ死んでいません)」と述べたことにアイデアを得たという題間体育会は今回、「臣にはまだ5千万の国民の応援と支持が残っています」という垂れ幕を東京五輪の大韓民国選手団建物に掲げた。結束力を高める目的だったと伝えられる。

今回の件も含めて聯合ニュースはIOCの措置を疑問視している。東京組織委員会が公式ホームページに独島・竹島を自国の領土と表記したことと関連し、韓国政府と大韓体育会が異議を伝えた。しかし、IOCは東京組織委員会に問い合わせの結果、「独島表示は、純粋な地形学的表現であり、どのような政治的な意図もないとの確認を受けた」と答えたとされ、事実上、日本の主張をそのまま繰り返したと批判的に報じた。
 
参考記事
北朝鮮が日本とIOCを批判 「独島表記は民族自主権を蹂躙」「IOCは二重的な処置」
在韓日本大使が公司の性的発言について遺憾 「文在寅大統領への発言ではなく、発言も撤回」
日韓首脳会談、成果重視の韓国と選挙前の「リスク」避けたい日本の構図…韓国通信社