アジア開発銀、韓国の今年の経済成長率を3.5%から4.0%に上方修正

アジア開発銀行(ADB)が韓国の今年の経済成長率見通しを4.0%に上方修正した。これは去る4月の見通しであった3.5%より0.5%ポイント(p)上方修正されたものだ。

20日、韓国企画財政部によると、ADBはこの日発表した「2021年のアジア域内の経済補充展望」で、韓国の経済成長率を今年4.0%とし、来年には3.1%になると予想した。これは、経済協力開発機構(OECD)の予想である3.8%、国際通貨基金(IMF)の予想である3.6%よりも高い水準である。
 
参考記事:OECD「韓国の今年3.3%経済成長する」 輸出や製造業回復効果
 
ADBは、今年の成長率を拡大した理由として、韓国でデジタル経済に対応した民間設備投資の増大、IT機器と輸送機器の輸出増大などを挙げた。また、移動制限の緩和、雇用状況の改善など、民間需要が増大したことも見通しの引上げに影響を与えたと評価した。

ADBは、韓国の経済成長率を上方修正し、物価上昇率も上げた。物価上昇率は4月の1.3%から1.8%に上方修正された。来年の物価上昇率は、従来の見通しより0.1%ポイント上昇となる1.6%と予想された。

ADBは、46カ国のアジアの発展途上国経済成長率については、今年7.2%、来年5.4%と予想した。これは去る4月の展望と比べて、今年の成長率は0.1%下方修正された一方、来年の成長率は0.1%上昇した。アジアの発展途上国に韓国は含まれているが、日本、オーストラリア・ニュージーランドなどは含まれていない。
 
参考記事:韓国の国家競争力、64ヵ国中23位で日本を上回る(IMD調査)
参考記事:韓国人の政府信頼度、OECD平均下回るも日本や米国を上回る…1位はスイス
参考記事:韓国1~3月のGDPは1.6%↑…設備投資好調も消費は低迷

>『日韓貿易年報2020』発売中

『日韓貿易年報2020』発売中

日韓で、いつ、どんな商品が、いかほど輸出入されたのか?それらを丸ごと収録したのが本書です。国際標準HSコードによる1万品目以上の商品の通関実績が分かります。価格:12,000円(税抜)/P271/A4

CTR IMG