GMのボルトEV、韓国LG製のバッテリーモジュールを交換へ…リコール後も火災で

  • 2021年7月25日
  • 2021年7月25日
  • 産業

ゼネラルモーターズ(GM)が、火災懸念から二回のリコールを行ったシボレー「ボルトEV」について、バッテリモジュールを交換するリコールを実施する。
 
参考記事:GMの「ボルトEV」で火災事故 LG製電池の全面交換リコール可能性も
 
ボルトEVに搭載されたバッテリーはLGエナジーソリューションの梧倉(オチャン)工場で生産されたバッテリーセルをLG電子がモジュール化した製品であり、6万8千台に該当する。

GMは23日(現地時間)、バッテリーメーカーであるLGエナジーソリューションの技術専門家と共に、米国で発生したシボレー・ボルトEV特定の製品火災の根本的な原因を調査する過程で、同じ電池セルにおいて、珍しい二つの製造上の欠陥が同時に存在することを発見し、これを当該車両火災の根本的な原因であると把握したと発表した。これにより、GMは交換部品が揃い次第、欠陥のあるバッテリモジュールを交換するリコールを行う予定である。

今回のリコール対象は韓国梧倉で生産されたLGエナジーソリューションの高圧バッテリーを装着した2017〜2019年型ボルトEV 6万8,667台で、このうち5万932台が米国に、約9,500台が韓国にある。

GMは5件のボルトEVの火災事件の後、二回のソフトウェアアップデートリコールを実施したが、その後も米国で火災が発生したため、LGと精密調査を進めてきた。

GMはバッテリーの充電容量を100%まで引き上げても、火災発生の可能性が低いソフトウェアを開発し、去る4月30日から、これを活用した最終的な措置を実施している。

ところが、同措置の二日後である昨年5月、米国ジョージア州やバーモント州で、最終措置を受けたボルトEVから火災が発生した。

ダン・フローレス(Dan Flores)GMスポークスマンは、「現在のGMは、今回の電池交換のリコールと、以前のソフトウェアの更新リコール費用がどのくらいであり、また、いかほどかかるかについての推定値を提供していない」とし、リコール費用や電池メーカーとの分担率などの言及は避けた。

LGエナジーソリューションは、別のプレスリリースにおいて、「シボレー・ボルトEVバッテリモジュールの製作過程上の問題であり、置き換えを進め、今回のリコールは、既存のリコール対象車のうち一部に該当し、交換の規模は限定的」とし「欠陥のあるバッテリモジュールのみ交換することにし、その欠陥がまれに発生したことを勘案すれば、コスト負担は限定的と予想される」と述べた。

韓国メディアなどでは、今回のリコールによる費用は比較的少ないとの見方が多いが、LG製バッテリーは現代自動車の「コナEV」の火災事故でも(断定はされていないものの)主な要因とみられており、品質の信頼性に支障をきたす可能性がある。

 
参考記事:東レと韓国LG化学、電池分離膜を合弁生産か…EV普及で急成長分野 韓国紙報じる
参考記事:韓国国交省、日産アルティマ19,760台のリコール発表…安全基準違反で課徴金賦課へ 起亜も対象
参考記事:現代自動車、米工場で生産の37,327台をリコール 燃料漏れ可能性

(写真:ボルトEVの火災事故を報じた米紙記事キャプション)