韓国の4~6月外為取引額、過去最大の前期比より5.1%減り6.4兆円規模に

  • 2021年7月26日
  • 2022年11月21日
  • 金融

韓国で証券投資などの取引需要が減り、外国為替取引額が第2四半期(4~6月)に入ってやや減少したことが分かった。

26日、韓国銀行(中央銀行)によると、第2四半期における外国為替銀行の一日平均外国為替取引(直物・外国為替デリバティブ取引)の規模は578億5000万ドル(約6.4兆円)だった。

2008年の統計改編以降、最大規模を記録した今年第1四半期(609億4000万ドル)より30億9000万ドル(5.1%)減少した。

為替レートの変動が減り、直物と外国為替デリバティブ取引の需要が減少したと韓国銀行は推定した。

韓国銀行によると、ウォン/ドル為替レートの変動幅(最大値)は第1四半期の60.6ウォンで、第2四半期は31.8ウォンに減った。

商品別では、直物取引(228億8000万ドル)が前四半期より6.8%(16億6000万ドル)、外国為替デリバティブ取引(349億7000万ドル)が3.9%(14億3千万ドル)減少した。

外国為替銀行の中で、国内銀行の外国為替取引(255.0億ドル)は、7.6%(21.0億ドル)、外国銀行支店の外国為替取引(323億5000万ドル)は、3.0%(10.0億ドル)減少した。
 
参考記事:株式ブーム受け、韓国でM2流通量が史上最高の327兆円に 「不動産価格が上がるのも当然」ネットユーザー
参考記事:韓国中銀、米FRBとの通貨スワップ協定(600億ドル)を今年末まで延長
参考記事:韓国の4月の外貨預金残高が1兆3600億円…ドルが増え、円は減少