「韓国の干潟」がユネスコ世界遺産に登録…韓国は15件目に ネットユーザーからは賛否

  • 2021年7月27日
  • 2022年11月21日
  • 通商

「韓国の干潟」が世界遺産として登録された。

絶滅危惧種の渡り鳥をはじめ、生物2,150種が生息し、生物種の宝庫とされる「韓国の干潟」(Getbol、Korean Tidal Flats)がユネスコの世界遺産となった。

中国の福州で開催中の第44回世界遺産委員会(WHC)は26日、韓国の干潟を世界遺産の自然遺産(Natural Heritage)に登録した。
 
参考記事:ユネスコが「日本の軍艦島施設は韓国人強制労働の事実を正しく知らせていない」とし強く遺憾・・・韓国外交部
 
世界自然遺産諮問・審査機関である世界自然保全連盟(IUCN)において、四段階評価体系の中で三番目となる「保留」(Defer)となってた韓国の干潟は、世界遺産委員会での評価を二段階上げ、今回登録に漕ぎつけた。

韓国の干潟は、忠南舒川、全北高敞、全南新案、全南宝城・順天など4カ所にある干潟を束ねた遺産となる。新案干潟が1千100㎢で最も広く、残りの干潟の面積は、それぞれ60㎢前後である。すべて湿地保護地域であり、一部がラムサール湿地である。

聯合ニュースによると、韓国の干潟世界遺産登録推進団は、韓国の干潟には絶滅の危機に瀕している水鳥22種の海洋無脊椎動物の5種が生息し、ボムゲ(蟹の一種)を含め固有種47種があるという。

今回の登録により、韓国の世界遺産は15件となった。うち、自然遺産は済州島の火山島・溶岩洞窟を含む2件となった。残りはすべての文化遺産である。世界遺産は、文化遺産や自然遺産、文化遺産と自然遺産の性質をすべて備えた複合遺産となる。

このニュースに接したネットユーザーからは、「さすがにもう守ろうぜ、開発や観光で廃れてしまったけど、回復させないと」、「干潟は使えないと過去の独裁者は言ってたな。川辺の土を掘り運河を作ろうと言ってた者らはどうするんだ」、「もはや典型的な後進国のトロフィーだ」、「ユネスコ登録をお祝いします」など、様々なコメントが掲示板などに寄せられている。
 
参考記事:韓国慶尚南道、新宿と仙台に水産品アンテナショップを設置…地元名物をアピール
参考記事:韓国済州島が日本人向け観光企画を立ち上げ 自宅にいながら参加し楽しめる
参考記事:韓国が日本の若年層対象にオンラインイベント開催…コロナ後の観光回復を期待