韓国軍、AIやロボットなどによる無人戦闘導入のため組織改編 「戦争遂行の方法が変化する」

  • 2021年7月28日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国軍が人工知能(AI)や無人機(ドローン)、ロボットなどによる無人戦闘を本格的に導入するために、組織改編などを行うと28日明らかにした。

韓国国防部(省)は28日午前、ソ・ウク長官主管で「未来国防革新主要指揮官会議」を開催した。

ウォン・インチョル合同参謀議長、ナム・ヨンシン陸軍参謀総長、ブ・ソクジョン海軍参謀総長、パク・インホ空軍参謀総長、キム・テソン海兵隊司令官、ソ・ヒョンジン防衛事業庁次長らと、国防部・合同参謀・各軍の主要な指揮官・参謀、防衛事業庁・韓国国防研究院・国防科学研究所・国防技術品質院の主要な役職者、産業通商資源部産業政策室長らが参加した。
 
参考記事:韓国軍が初めて無人装甲車を導入 自動で攻撃しパンク時も駆動維持 現代自動車の系列社が納品
 
合同参謀本部は同日の会議で、将来の戦争の変化に備えて、人工知能ベースの無人戦闘システムが適用されサイバー・宇宙・電子戦などに拡張された合同作戦概念を発展させると発表した。

合同参謀は、「先端科学技術の発展により、有・無人複合戦闘システムによる戦闘実行と意思決定中心戦、非線形戦、同時・並列的作戦などにより、戦争遂行の方法が変化する」とし「未来の戦場環境でも勝利するための合同作戦概念として《全領域統合作戦》を提示し、持続的に発展させる」と述べた。

国防部は、人工知能と無人戦闘システムを迅速に戦力化することができる基盤を構築するために長官が主催する「国防科学技術委員会」を新設する。

国防科学技術委員会は、国防科学技術分野の最高議決機関としての将来の新技術育成の分野を選定し、人工知能ベースの無人システムの迅速な獲得・戦力化を推進する。
 
参考記事:日本のイージス艦が韓国西海に出現?「日本が前進守備を試みた可能性を懸念」…韓国紙報じる
 
国防部はまた、人工知能ベースの無人システムなどの迅速獲得事業を通じて、迅速に戦力化し、以後、性能向上を推進する。

人工知能、ドローン・ロボットのような無人システムの迅速な戦力化のために23日、この機能を国防改革室に移管した。

国防改革室は、未来軍・部隊・戦力構造改革を主導して先端科学技術の適用を迅速・効率的に推進する業務を担当する。

軍指揮部を対象に、将来の国防技術教育が行われる。国防部・合同参謀課長級以上、関連機関高官を対象に、2泊3日のトレーニングが実施される。今年の下半期にKAIST委託教育の形で最初の教育が行われる予定である。

ソ・ウク国防長官は「周辺国も将来に備えて、科学技術の発展に国家的リソースを傾けているように、わが軍も人工知能・無人システムのような先端科学技術を軍に迅速に適用して、将来に備えた防衛政策・戦略の発展に集中しなければならない」と述べた。
 

参考記事:韓国研究機関「戦闘機の頭脳」の国産化を発表…GaN半導体電力増幅器集積回路技術
参考記事:韓国ハンファ、レーザー兵器を国産化へ…ドローンなど小型無人機撃墜に利用
参考記事:韓国駆逐艦のコロナ感染が247人に拡大 韓国軍で最大規模の集団感染に
 
(写真はイメージです)