韓国軍、新型81mm迫撃砲を配置 「標的獲得から射撃まで自動化」

  • 2021年7月29日
  • 2022年11月21日
  • テック


(写真:韓国防衛事業庁の当該報告書キャプション)
 
韓国防衛事業庁は29日、既存の迫撃砲より運搬配置が容易で、すべての射撃手順がデジタルで自動的に行われる新型81mm迫撃砲の最初の量産物量が一線部隊に配置されたと明らかにした。
 
参考記事:韓国軍、AIやロボットなどによる無人戦闘導入のため組織改編 「戦争遂行の方法が変化する」
 
これまで韓国軍で運用してきた81mm迫撃砲は将兵たちが直接担って運搬しなければならず、機動力が低下し、将兵の戦闘疲労や安定性の問題が提起されてきた。また、手動で射撃諸元を算出する過程で対応時間遅延と誤算など作戦遂行にも制限があった。

しかし、新型81mm迫撃砲は、従来の迫撃砲より20%ほど軽く、持ち運びや運用人員のための専用車両に載せ、どこにでも迅速に移動配置が可能であるという。
 

(写真:韓国防衛事業庁の当該報告書キャプション)
 
また、韓国の優れたデジタル技術が適用され、標的の観測から射撃諸元の出力、迫撃砲姿勢制御など、すべての射撃のプロセスが自動的に行われ、射撃準備時間を従来の6分から3分に短縮させた。特にデジタル機器を活用した精密射撃能力まで備え、前方部隊の火力支援能力が大幅に向上すると韓国軍は見ている。

防衛事業庁関係者は、「81mm迫撃砲のデジタル技術が適用されたのは世界初」であるとし、「2024年までに軍戦力化を完了すると同時に、開発業者と海外輸出市場に挑戦する計画だ」と語った。
 
参考記事:韓国研究機関「戦闘機の頭脳」の国産化を発表…GaN半導体電力増幅器集積回路技術
参考記事:大韓航空がロケット空中発射技術を国産化へ…米韓ミサイル指針終了受け 「衛星打ち上げサービス」の輸出も念頭
参考記事:韓国軍が初めて無人装甲車を導入 自動で攻撃しパンク時も駆動維持 現代自動車の系列社が納品