韓国の国防予算が今年ロシア抜く見通し 2~3年内には日本も…文在寅政権で高い伸び

韓国政府の今年の国防予算がロシアを超えた。2〜3年以内には日本も上回ると見込まれている。

韓国国防部や複数の韓国メディアによると、韓国の来年度の国防予算は、今年(52兆8000億ウォン)より5.5%増えた55兆7000億ウォン(約5.3兆円)になる方向で協議が進められている。この増加率が続けば、3年後の2024年には国防予算が60兆ウォン(約5.7兆円)を突破するという見通しが出ている。
 
参考記事:日本のイージス艦が韓国西海に出現?「日本が前進守備を試みた可能性を懸念」…韓国紙報じる
 
韓国の国防予算は同世界9位だったロシア(2019年基準)を超えることになる。また、同7位の日本も抜く見通しだ。

韓国の国防費が日本のそれを抜くことは日本の防衛白書でも言及されている。「2021防衛白書」では、「韓国の防衛予算が2018年にすでに購買力平価換算で506億ドルと、わが国の防衛予算494億ドルをすでに上回っています」とし、日本の防衛予算が「中期防衛力整備計画における当初予算の伸び率1.1%と、韓国の国防中期計画における伸び率6.1%で試算すると、2025年にその差は約1.5倍に広がります」との推定を示している。日本の2021年の防衛予算は5兆3422億円で、2013年以降、GDP比1%の水準を維持している。
 

(画像:「2021防衛白書」に掲載された韓国の国防費についての記述キャプション)
 
韓国の国防予算はムン・ジェイン(文在寅)政権になってから毎年大幅に引き上げられてきた。2018年から2020年までの増加率は前年度比7〜8.2%であった。2021年から予想される今後5年間の国防費増加率も平均6.1%であり、合計300兆7000億ウォン(約28.5兆円)を投入するというのが韓国の国防中期計画である。韓国のGDP対比国防費は今年2.7%となり、G7諸国の中では、米国の次に多い。

韓国の国防予算の急な引上げについて「2021防衛白書」は、「《誰も見くびることができない》強い軍隊を作りたい、独自に作戦を遂行できる能力を備えて戦時作戦統制権を米軍から韓国軍に早期に移管したいという文大統領の考えがあるとされています」と指摘している。
 
参考記事:韓国と中国 朝鮮戦争時の中国義勇兵の遺骸引き渡しで合意…これまで716柱を送還

参考記事:韓国国防省が自衛官を呼び抗議 領有権記述やレーザー問題「いかなる挑発にも断固対応する」

参考記事:韓国軍、新型81mm迫撃砲を配置 「標的獲得から射撃まで自動化」