韓国現代自動車、7月の対米販売でホンダを上回る 米シェアは11%に

現代自動車(ヒュンダイ)および同傘下の起亜自動車(KIA)による、今年7月の米国販売台数が前年同月比で約30%増加したことが分かった。ただし、増加幅は3カ月連続減少している。

現代車・起亜は先月、米国で昨年7月に比べ29.1%増加となる14万3779台を販売したと4日発表した。 5月の17万4043台、6月の14万5005台に続き、前年比上昇を続けた。
 
参考記事:現代自動車のEV、リコール進まず…車主ら火災リスクと隣り合わせ
 
現代車は昨年7月に比べ25.0%増となる7万3680台を販売した。車種別では、アバンテ(1万3085台)が最も多く売れ、サンタフェ(1万2766台)、ツーソン(1万1483台)が続いた。ジェネシスは312.1%増の5180台が売れ、3カ月連続の最高を記録した。 5月に発売されたGV70は1568台販売された。

起亜の販売台数は33.6%増の7万99台だった。 K3(1万2423台)、スポーティジ(1万626台)、K5(9233台)の順に多く売れた。昨年、月平均1000台売れたカーニバルは、新車発売効果で先月の販売台数が3782台に達した。ソン・ユン起亜米国販売法人社長は「先月、在庫の74%以上を売った」とし「起亜ブランドへの関心が高まっている」と述べた。

現代自動車・起亜の販売台数は日本のホンダ(13万5542台)を超えた。トヨタ(22万5022台)には及ばなかった。ゼネラルモーターズ、フォード、ステルランティス等は販売量を発表していない。

証券業界では、現代・起亜の先月の米国シェアが前年比2.1%ポイント増となる11.1%と推定している。

現代車・起亜の前年比売上増加率は4月が127.1%で今年最高値となったが、5月に66.1%、6月に45.8%、7月に29.1%と3カ月連続鈍化している。
 
参考記事:韓国現代自動車がトヨタ抑え1位 1~6月の世界水素自動車市場…「ネッソ」vs「ミライ」
参考記事:韓国国交省がホンダに2.6億円の課徴金 オデッセイの安全基準不適合で
参考記事:韓国現代自動車グループ、欧州市場でトヨタやBMW上回る 1~6月シェアが4位に