韓国で不発弾発見、日本植民地時の航空弾と推定 空軍爆発物処理班が出動

  • 2021年8月10日
  • 2022年11月21日
  • その他

9日午前、全羅北道群山市小龍洞近くの工事現場で長さ62㎝の不発弾が発見された。

不発弾が発見されたという通報を受けた陸軍106旅団1大隊は航空弾であることを確認し、空軍第38戦闘飛行戦隊(38戦隊)に回収を要請した。
 
参考記事:日本のイージス艦が韓国西海に出現?「日本が前進守備を試みた可能性を懸念」…韓国紙報じる
 
38戦隊爆発物処理班(EOD)は現場に出動し、安全対策をした後、不発弾をペタン貯蔵庫に移送した。

聯合によると、38戦隊の関係者は、「日本の植民地時代当時の航空弾と推定される」とし、「不発弾を安全に処理した」と述べた。

韓国では朝鮮戦争時(1950年~53年)の不発弾が発見されることは多く、2016年から2020年までの5年間だけでも、10万6132発の不発弾が発見・処理されている。(韓国国防部)

不発弾が発見されると、専門訓練を受けた爆発物処理班(EOD)が出動し安全対策・処理作戦(焼却・起爆処理)を実行している。
 
参考記事:韓国陸軍の監視ドローンが多数墜落(前年比2倍)…その理由は?

参考記事:韓国軍、40㎜級の小型砲弾6発搭載「榴弾発射ドローン」を来年運用へ

参考記事:韓国軍、新型81mm迫撃砲を配置 「標的獲得から射撃まで自動化」